太陽光発電

SMA製品(MVPS)モンゴルの太陽光発電事業に採用

SMAジャパン株式会社の直流1,000Vの特別高圧専用コンテナソリューションMV POWER STATION 2000XTが、モンゴル国モンナラン地区太陽光発電事業に採用された。この製品で、モンゴル国の低炭素技術普及にむけた取り組みのコスト削減を目指す。

二国間クレジット制度事業
温室効果ガス排出量貢献へ

SMAジャパン株式会社(以下SMA)は、同社の製品である、直流1,000Vの特別高圧専用コンテナソリューションMV POWER STATION 2000XT(以下MVPS)が5台(定格出力10MW)、モンゴル国モンナラン地区太陽光発電事業において採用されたことを発表した。

この事業は、国が進める二国間クレジット制度に基づく設備補助事業の一環で、ファームドゥ株式会社(群馬県前橋市)が出資する現地法人がモンゴル国営送配電会社と売電契約をむすび、28ヘクタールの敷地に太陽光パネルを設置し、パネルの下で野菜栽培を行うことで土地を有効活用する。
石炭が主なエネルギー源であるモンゴルにクリーンなエネルギーを供給し、温室効果ガス排出量削減に貢献するとともに、日本の温室効果ガス排出量削減目標の達成にもつなげる。

採用されたMVPSは、2台の1,000kWセントラルパワコン、昇圧トランス・リングメインユニットがコンテナに収まるようにパッケージ化された製品だ。

今回の採用に関して、SMAの今津武士代表取締役社長は「MVPSは卓越したテクノロジー、安全性、長期にわたる信頼性の高い製品のため、このような事業に最適で大幅なコスト削減を実現します。」と述べている。

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース