注目キーワード

太陽光発電

メガソーラーで地域復興へ! 石巻市の挑戦

2011年の東日本大震災で、大きな被害を受けた宮城県石巻市。この地で現在、ゴルフ場跡地を利用した巨大な太陽光発電所が建設され、運転を開始しているという。周辺地域の復興を後押しする再エネビジネスとは?

広大な土地を有効活用し
建設されたメガソーラー

宮城県石巻市の山中にあるゴルフ場跡地に、メガソーラーが建設された。それが「石巻沼津太陽光発電所」だ。

「石巻沼津太陽光発電所」の写真。広大なゴルフ場跡地の一面に取り付けられたモジュールは、まるで青い絨毯のようにも見える。

再エネの力で
地域を復興へと導く

石巻沼津太陽光発電所は、石巻きずな合同会社からEPC(太陽光発電の設計・調達・建設)の依頼を受けたjuwi(ユーイ)自然電力が、トリナ・ソーラーの100%子会社であるトリナ・ソーラー・ジャパン・エナジー株式会社とともに進めてきたプロジェクトだ。施行は2017年9月13日に完了しており、同年9月1日より商業運転を開始している。

敷地は約220,000㎡で、ゴルフ場の地形を活かした造成工事によりパネル設置面積を効率的に拡大。アレイは4種類の中から土質や地形に適したものを各エリアごとに配置しており、変換効率の高いモデルとなっている。

本発電所の出力容量は、約14MW。年間発電量は1,608万kWhを見込んでおり、これは一般家庭約4,400世帯の年間使用電力量に相当する。発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用して東北電力へ売電される。

地域特性を活かした再生可能エネルギー事業が、周辺地域の復興につながることへの期待がかかる。

関連記事

アクセスランキング

  1. 業界初! ソーラージャーナル主催 「オンライン展示会&カンファレンス」開催中!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. 開催中!アフターコロナの太陽光市場がわかる「PVビジネスセミナーONLINE」...
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  7. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  8. 雑草対策の切り札「防草シート」の性能を支える施工品質へのこだわりとは?...
  9. 新たに創設された容量市場制度。活性化に向けた措置とは?
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース