太陽光発電

電力ロスを抑え、発電を最適化する「MLPE」って何?

太陽光発電システムの運用にあたり、重要な課題となる電力ロス。なかでも、出力量が異なるパネルを1台のパワコンへ接続した際に起こる「出力低下」の問題は大きいが、これを解決する「MLPE」技術をご存知だろうか。大手メーカーからも販売決定し話題を呼んでいる、発電最適化の方法とは?

1台のパワコンだけでは
電力ロスは防げない

太陽光発電システムにおいて、出力量が異なるパネルを1台のパワーコンディショナへ入力する場合、通常であれば出力の低いパネルに併せて制御される。

そのため、1枚のパネルで発電量が不十分だった際、発電システム全体の発電量が低下してしまうという問題があったが、今回これを解決するソリューションが発表された。

パネルごとに発電を最適化
影のかかる場所や斜面にも導入しやすく!

オムロン株式会社は、ソーラーエッジテクノロジージャパン株式会社が開発・製造を行った「MLPE」技術搭載のパワーオプティマイザと三相パワーコンディショナを、2018年3月から取り扱い開始すると発表。

製品の外観

製品情報(すべてオープン価格)

MLPEとは、「Module-Level Power Electronics」(モジュールレベルのパワーエレクトロニクス)の略称で、太陽光パネル1枚もしくは2枚ごとに設置し、制御する装置のこと。

パネルごとに制御を行うことで、例えば1枚のパネルが汚れや劣化などによって発電量が少なくなった場合でも、他のパネルからの出力低下を防げるというメリットがある。

さらに、影のかかる場所や斜面などでも、設置方位や日射量計算に悩むことがなくなり、導入の自由度が高まることが期待される。

導入後は全国に140の拠点を持つオムロンのアフターサービスが受けられるため、安心して利用できる点も魅力だ。

DATA

オムロン株式会社
ソーラーエッジテクノロジージャパン株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  8. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース