太陽光発電

【東南アジア】フィリピンの太陽光発電ビジネスの狙い目は?

この10年でASEANの主要5ヶ国であるインドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムは 飛躍的な経済成長を遂げた。それに続くように、太陽光発電市場も急拡大しようとしている。 大きなポテンシャルを秘める東南アジア。各国のPV政策とトレンドを見ていこう。今回は、フィリピンをご紹介!

関連記事:多島国家インドネシア 電力供給の課題を乗り切る

政治がもたらすフィリピンの難点
ビジネスの狙い目は自家消費モデル

2016年12月末時点で、フィリピンの太陽光発電の累積導入量は903MWだった。このうち、約900MWは系統電力に接続されており、残り約3MWは自家消費用である。また、2017年上旬のうちに1GWを達成する見通しだ。そして現在、150件の系統連携型プロジェクトと16 件の自家消費型プロジェクトの合計150MWの設備の建設が始まっている。

しかし、現状フィリピンでは、数多くの省エネ関連のプロジェクトが、エネルギー規制委員会(ERC)の承認遅れが原因で停滞している。元々人手不足だったこともあるが、2017年10 月に、同委員会の会長ホセ・ヴィンセント・サラザー氏が不正により解雇されてから、さらなる遅れを招いた。それに追い打ちをかけるように、フィリピン議会が2018年度の委同員会の予算をなんと1000ペソ(たったの2140円)に削減したため、状況は悪化するばかりだ。

予算削減の裏には、現フィリピン大統領ロドリゴ・デュテルテ氏による同委員会の廃止命令がある。フィリピンの太陽光発電市場がより活性化するためには、政治問題から脱することが先決であろう。


取材協力/APVIA マレイ・キャメロン

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

2016/06/29 | 政策・マーケット

新FITが動き出す[後編]

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース