太陽光発電

2030年までに再エネ50%なるか?米国の太陽光「入札」制度の現状

米国では、太陽光発電が、特別な助成を使わず従来の発電所と同じように「卸電力入札制度」に参加し、次々と新設されるようになった。今回は、公募参加者数で価格が変わる小規模電源向けReMATについて説明する。

前記事:米国の太陽光発電入札制度「RAM」が画期的すぎる!

公募参加者数で価格が変わる
小規模電源向けReMAT

3つ目は固定価格買取制度に似た再生可能市場適応料金「ReMAT( Renewable Market Adjusting Tariff)」と呼ばれるもので、このプログラムの対象になるのは、配線網に接続される3MW未満の小規模分電源である。大規模プロジェクト契約を対象とする競争入札の代わりに、CPUCが買取価格をあらかじめ設定し、その固定価格で採算が取れると思われるプロジェクトがプログラムに応募する。2ヶ月ごとに電力会社別に公募が行われ、合計の公募容量は494MWである。

ReMATの価格設定は「市場適応」という仕組みになっている。ReMATが開始されたのは2013年10月で、その時の太陽光発電の固定買取価格は89ドル/MWh(8 .9セント/kWh)であった。もし、公募で募集容量の20%以上が満たされなかった場合、次の公募での価格は4ドル/MW h増しとなり、公募で募集容量の100%を超えた場合、次の公募での価格は4ドル/MWh下がる仕組みである。

応募容量が公募容量の20%以上100%未満の場合、同価格が保たれる。ちなみに、カリフォルニア州の電力会社の1つであるサザンカリフォルニアエジソン(SCE)の近日の公募価格は36ドル/MWh(3.7セント/kWh)ということから、公募の参加がポジティブで、太陽光発電の市場価格低下が大きく反映されていることがわかる。

CPUCによると、2002 年から2016年の14年間に435件のRPS用電力購入契約を承認し、その契約承認容量は23.6GWの再生可能エネルギーになる。うち、太陽光発電は全体の39%を占める。実際、カリフォルニア州は2016年時点で既に再エネ35%を達成しており、「2030までに50%」の目標に向けて確実に前進している。


文/モベヤン・ジュンコ

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  5. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  6. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース