注目キーワード

太陽光発電

仮想発電所にも対応、蓄電池用交直変換装置が発売

経済産業省は、平成28年から平成32年までの5年間にわたり、VPP(バーチャルパワープラント)の制御技術の確立等を目指した「バーチャルパワープラント構築実証事業」を実施している。今後、需要拡大が期待される蓄電池市場に対応する交直変換装置が発売された。

VPPへの運用に最適な
「蓄電池用PCS」を開発

気象条件によって、発電量が変動する太陽光発電や風力発電。それらの導入拡大により、重要性が高まっているのが「需給調整」だ。

従来、発電所の稼働・停止等、「供給側」で行ってきた「需給調整」を、電力系統に点在する需要家の機器のIoT化、一括制御することで、「需要側」から調整し、あたかも1つの発電所(仮想発電所)のように機能させる仕組み「VPP(バーチャルパワープラント)」の構築に向けた取り組みも始まっている。この需給調整の有力な方法の一つが「蓄電池システム」。

日新電機株式会社は、この「蓄電池システム」の充放電を制御する「蓄電池用PCS」の汎用タイプを開発、販売を開始した。VPP=仮想発電所事業や再生可能エネルギー発電の出力変動緩和、電気事業者向けの電力需給調整サービスなど、各種蓄電池システムに対応、2020年に「蓄電池用PCS」で10億円の売り上げを目指す。

問い合わせ

日新電機株式会社
TEL:075-864-8849

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース