太陽光発電

仮想発電所にも対応、蓄電池用交直変換装置が発売

経済産業省は、平成28年から平成32年までの5年間にわたり、VPP(バーチャルパワープラント)の制御技術の確立等を目指した「バーチャルパワープラント構築実証事業」を実施している。今後、需要拡大が期待される蓄電池市場に対応する交直変換装置が発売された。

VPPへの運用に最適な
「蓄電池用PCS」を開発

気象条件によって、発電量が変動する太陽光発電や風力発電。それらの導入拡大により、重要性が高まっているのが「需給調整」だ。

従来、発電所の稼働・停止等、「供給側」で行ってきた「需給調整」を、電力系統に点在する需要家の機器のIoT化、一括制御することで、「需要側」から調整し、あたかも1つの発電所(仮想発電所)のように機能させる仕組み「VPP(バーチャルパワープラント)」の構築に向けた取り組みも始まっている。この需給調整の有力な方法の一つが「蓄電池システム」。

日新電機株式会社は、この「蓄電池システム」の充放電を制御する「蓄電池用PCS」の汎用タイプを開発、販売を開始した。VPP=仮想発電所事業や再生可能エネルギー発電の出力変動緩和、電気事業者向けの電力需給調整サービスなど、各種蓄電池システムに対応、2020年に「蓄電池用PCS」で10億円の売り上げを目指す。

問い合わせ

日新電機株式会社
TEL:075-864-8849

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  8. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース