太陽光発電

スイスのEnvion社、仮想通貨ビジネスに再エネを活用

スイスを拠点とするブロックチェーンスタートアップ企業のEnvionが、仮想通貨の「採掘(マイニング)」において、再生エネルギーを活用してコンピューター処理を行う『マイニング用データセンター』を開発した。

再生可能エネルギーによる
マイニング用データセンター

ビットコインに代表される仮想通貨は既存の取引台帳と整合性をとりながらすべての取引を追記する仕組みとなっており、この処理には“マイニング”と呼ばれる不特定多数からのコンピューター処理能力の提供が不可欠だ。

そこで、スイスのエンヴィオンは太陽光などの再生可能エネルギーをマイニングに活用するコンテナ型データセンターを開発。どこでも余剰電力を使ってマイニングできるのが利点だ。

マイニング用データセンター

2018年内にも量産が開始される。

DATA

ENVION

©2017 Envion AG


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  8. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  9. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース