太陽光発電

大手架台メーカーが語る! EPC海外進出の展望

ドイツ、アメリカ、カナダ、中国、南アフリカに製造拠点を置き、日本では7000件、2GW以上の設置実績を持つ架台メーカー、シュレッター・ジャパン。世界中で認知度の高いグローバル企業が考える『今後の太陽光業界の展望』について、代表のドミニク氏にインタビュー。

FIT価格低下も
世界的に見ると最も高水準

架台の視点でお話しをすると、FITが下がって厳しいというのをよく聞きますが、世界的に見れば、日本はいまだに世界で最も高い水準にあります。今より下がり、競争入札になったとしても、我々の本拠地があるヨーロッパに比べると採算性はまだ良い方です。日本には積雪や台風といった特有の気象条件もありますが、それでも当社の架台は十分な競争力があるでしょう。

当社は創業が1968年で、1996年から架台を造っており、専業の架台メーカーとしては最も長い歴史があります。他社からよく20年保証の製品などが出ますが、実際に20年以上の経験がある唯一のメーカーだと思います。その分、長い年月を耐え抜いてきた高性能な架台を実績として残しています。

土地条件に合わせた
柔軟な対応がカギ

また、モデルチェンジもスピーディーです。日本国内ではゴルフ場や塩害の多い地域など、他国にはない厳しい条件がありますが、それでも大小合わせて7000件以上、2GW以上設置してきました。

さらに、グローバル向けの供給能力があります。日本のEPCなどはこれからの時代、東南アジアなどに進出していこうとしていますが、我々は世界中に拠点があるため、皆さんにとって海外進出をお手伝いできる数少ない架台メーカーだと思います。

DATA

シュレッター・ジャパン株式会社
代表取締役

ドミニク・グリュッツナー氏


取材・文/廣町公則 文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース