注目キーワード

太陽光発電

【東南アジア】タイ 積極的なPV政策による太陽光発電ビジネスの拡大

この10年でASEANの主要5ヶ国であるインドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムは 飛躍的な経済成長を遂げた。それに続くように、太陽光発電市場も急拡大しようとしている。 大きなポテンシャルを秘める東南アジア。各国のPV政策とトレンドを見ていこう。今回は、タイをご紹介!

関連記事:【東南アジア】フィリピンの太陽光発電ビジネスの狙い目は?

タイの積極的なPV政策に注目
水上メガソーラー発電所も計画

タイでは、2010年に太陽光発電累積導入量が2GWを達成して以来、市場は急激なスピードで成長している。2017年末までの累積導入量は3GW以上となった。2015年に政府は「2036年までに6GW達成」を目標に掲げていたが、昨年17GWに上方修正している。

今後、さらなる成長に期待して、数々の国がタイに参入していくだろう。今後、タイ政府は産業用だけでなく、住宅用など自家消費分野にも力を入れていく方針だ。また、タイに限らず、アジア諸国全体に言えることではあるが、水上設置型メガソーラー市場の拡大も期待されている。


取材協力/APVIA マレイ・キャメロン

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  10. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース