太陽光発電

【東南アジア】タイ 積極的なPV政策による太陽光発電ビジネスの拡大

この10年でASEANの主要5ヶ国であるインドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムは 飛躍的な経済成長を遂げた。それに続くように、太陽光発電市場も急拡大しようとしている。 大きなポテンシャルを秘める東南アジア。各国のPV政策とトレンドを見ていこう。今回は、タイをご紹介!

関連記事:【東南アジア】フィリピンの太陽光発電ビジネスの狙い目は?

タイの積極的なPV政策に注目
水上メガソーラー発電所も計画

タイでは、2010年に太陽光発電累積導入量が2GWを達成して以来、市場は急激なスピードで成長している。2017年末までの累積導入量は3GW以上となった。2015年に政府は「2036年までに6GW達成」を目標に掲げていたが、昨年17GWに上方修正している。

今後、さらなる成長に期待して、数々の国がタイに参入していくだろう。今後、タイ政府は産業用だけでなく、住宅用など自家消費分野にも力を入れていく方針だ。また、タイに限らず、アジア諸国全体に言えることではあるが、水上設置型メガソーラー市場の拡大も期待されている。


取材協力/APVIA マレイ・キャメロン

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース