太陽光発電

【東南アジア】タイ 積極的なPV政策による太陽光発電ビジネスの拡大

この10年でASEANの主要5ヶ国であるインドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムは 飛躍的な経済成長を遂げた。それに続くように、太陽光発電市場も急拡大しようとしている。 大きなポテンシャルを秘める東南アジア。各国のPV政策とトレンドを見ていこう。今回は、タイをご紹介!

関連記事:【東南アジア】フィリピンの太陽光発電ビジネスの狙い目は?

タイの積極的なPV政策に注目
水上メガソーラー発電所も計画

タイでは、2010年に太陽光発電累積導入量が2GWを達成して以来、市場は急激なスピードで成長している。2017年末までの累積導入量は3GW以上となった。2015年に政府は「2036年までに6GW達成」を目標に掲げていたが、昨年17GWに上方修正している。

今後、さらなる成長に期待して、数々の国がタイに参入していくだろう。今後、タイ政府は産業用だけでなく、住宅用など自家消費分野にも力を入れていく方針だ。また、タイに限らず、アジア諸国全体に言えることではあるが、水上設置型メガソーラー市場の拡大も期待されている。


取材協力/APVIA マレイ・キャメロン

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

2016/06/29 | 政策・マーケット

新FITが動き出す[後編]

アクセスランキング

  1. 「太陽光発電×イノベーション シンポジウム」4/26(木)開催!
  2. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  3. 安田教授が指摘! 枯渇性エネルギーの”隠れ”コスト
  4. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  5. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  6. EV市場を中国が席巻 「世界のトヨタ」が時代遅れに
  7. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  8. 来年度FIT激変、バイオマス発電に「入札」を導入!
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
アンプトジャパン ソーラーエッジ Tigo 太陽光発電の必需品PVマキシマイザー 関西 次世代農業EXPO 西日本最大 - 農業の総合展 Solartech Indonesia Exhibition 2018 SOLAR INDIA

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.24 / ¥0
2018年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース