太陽光発電

【東南アジア】タイ 積極的なPV政策による太陽光発電ビジネスの拡大

この10年でASEANの主要5ヶ国であるインドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムは 飛躍的な経済成長を遂げた。それに続くように、太陽光発電市場も急拡大しようとしている。 大きなポテンシャルを秘める東南アジア。各国のPV政策とトレンドを見ていこう。今回は、タイをご紹介!

関連記事:【東南アジア】フィリピンの太陽光発電ビジネスの狙い目は?

タイの積極的なPV政策に注目
水上メガソーラー発電所も計画

タイでは、2010年に太陽光発電累積導入量が2GWを達成して以来、市場は急激なスピードで成長している。2017年末までの累積導入量は3GW以上となった。2015年に政府は「2036年までに6GW達成」を目標に掲げていたが、昨年17GWに上方修正している。

今後、さらなる成長に期待して、数々の国がタイに参入していくだろう。今後、タイ政府は産業用だけでなく、住宅用など自家消費分野にも力を入れていく方針だ。また、タイに限らず、アジア諸国全体に言えることではあるが、水上設置型メガソーラー市場の拡大も期待されている。


取材協力/APVIA マレイ・キャメロン

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  4. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース