太陽光発電

スウェーデンに巨大な卵が出現!「ソーラーエッグ」って何?

最新のソーラー事情で世界を変える! スウェーデンのキラキラ輝く大きな卵。地域住民や観光客たちが集うこのスペースの活用法って? 卵の中身はどうなっているの? 気になる情報を写真付きでご紹介!

キラキラ輝く巨大な卵!?
ユニークでエコなサウナが誕生

スウェーデン最北端の都市キルナで、ユニークな公衆サウナ「ソーラーエッグ」が誕生した。金色にコーティングされた69枚のステンレスミラーからなる、高さ5.9m、幅4.5mの巨大な“卵”は、光が反射し、周囲の美しい風景を映しだす仕組み。

内部の照明は専用のソーラーパネルで発電された電力で賄われている。この空間は、地域住民や観光客たちが自由に集うコミュニティスペースとして活用されている。

©Jean-Baptiste Beranger

 


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  8. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  9. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース