太陽光発電

スウェーデンに巨大な卵が出現!「ソーラーエッグ」って何?

最新のソーラー事情で世界を変える! スウェーデンのキラキラ輝く大きな卵。地域住民や観光客たちが集うこのスペースの活用法って? 卵の中身はどうなっているの? 気になる情報を写真付きでご紹介!

キラキラ輝く巨大な卵!?
ユニークでエコなサウナが誕生

スウェーデン最北端の都市キルナで、ユニークな公衆サウナ「ソーラーエッグ」が誕生した。金色にコーティングされた69枚のステンレスミラーからなる、高さ5.9m、幅4.5mの巨大な“卵”は、光が反射し、周囲の美しい風景を映しだす仕組み。

内部の照明は専用のソーラーパネルで発電された電力で賄われている。この空間は、地域住民や観光客たちが自由に集うコミュニティスペースとして活用されている。

©Jean-Baptiste Beranger

 


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース