注目キーワード

太陽光発電

特別高圧市場は堅調 高電圧PCSで効率アップに貢献

太陽光パネルのコストが下がるにつれて、周辺機器にもコスト低減が求められるようになる。注目のパワコンメーカーABB株式会社の佐藤誠記氏に、今後の展望を聞いた。

発電所全体のコスト低減と
効率アップが必要

日本の太陽光発電市場は縮小傾向にありますが、低圧と高圧の三相PCSは需要が一巡し、落ち着いてきている一方、特別高圧向けは引き続き堅調と見ています。特別高圧案件はプロジェクトのタイムスパンが長く、これから開発が始まる案件が多くあるからです。

当社は、太陽光発電のPCSでは、直流1500V対応2MWの大型セントラルタイプから、分散型に対応した製品まで取り揃えています。太陽光パネルのコストが下がるにつれて、周辺機器にもコスト低減が求められるようになり、従来の500~1000kW製品ではkW単価の追及に限界があります。今後は、直流1000~1500V製品での高効率化と大容量化、加えてコンパクト化を進め、発電所全体のコスト低減と効率アップを実現することが必要だと考えています

また、普及の進む高圧の分散型PCSについてもシェア拡大を目指しており、当社の50kW型、「TRIO」が好評を博しています。

私たちABBは、産業技術のグローバルリーダーを自負しています。ABBはPCS単体にとどまらず、発電所のシステム設計や蓄電ソリューション、系統連系まで含めた総合的な提案が可能です。幅広いソリューションを提供できる強みを活かし、業界の発展に貢献したいと考えています。

プロフィール

ABB株式会社 エレクトリフィケーション・プロダクト事業本部 EPC・エンドユーザー営業部 プロダクトマーケティングダイレクター

佐藤誠記氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  3. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  4. 太陽光発電設備が水害にあったら? 豪雨への備えは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 最新情報を施工管理アプリANDPADで共有・連携! 管理件数と粗利率を同時にアップ!...
  8. 今、電気料金の「値上げ」を認めるべき理由
  9. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  10. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース