注目キーワード

太陽光発電

大手パワコンメーカーに聞く!日本のPV市場が示すニーズとは? 

2017年、日本国内で200MW以上を出荷した大手パワコンメーカーのサングロウ パワー サプライ株式会社。日本市場で求められるものを備えていると自負する同社SVPに、これからの展望を語ってもらった。

日本で求められる
品質と価格を追求

日本市場は当社にとって良好です。昨年、日本国内で200MW以上を出荷し、今年は2倍、その後は3年間でさらにその2倍の出荷を目指しています。今年、PVハイブリッドストレージシステムを発表しましたが、日本のオーナーはハイブリッドシステムに対するニーズを明確に示しています。将来的にも普通のPV市場に比べてストレージマーケットは大きくなるでしょう。

さらに、 日本向けに111kWのストリーミングインバータも開発しました。コストを抑えてリスクを減らしたいという要望に沿った新製品です。高いテクノロジー、クオリティ、サービスが求められる日本市場ですが、我々はそれらを戦略的に備えてきました。

特に日本市場は価格にも敏感ですが、当社の製品は品質でも価格でも他には負けません。日本には7つの新しい拠点を設けました。最も近い拠点から現場に向かい、修理や交換を実施しています。そのためサービス品質の高さを評価されています。

当社は中国に本社を置く企業ですが、5年前は中国ブランドだという認識の人がほとんどでした。それが今や、日本ブランドだと勘違いされるほど品質の良さが浸透してきたのです。今後も日本市場への貢献を続けていきます。

DATA

Sungrow Power Supply Co., Ltd.

Senior Vice President David Zhao氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース