太陽光発電

単なるオプティマイザではない! Flex MLPE普及へ

日本でもモジュールごとの発電効率が重視されるようになり、オプティマイザへの関心が高まっている。米国でその先駆けとなったのが、タイゴエナジーのソリューションだ。Chairman and CEOのZvi Alon氏にお話を伺った。

Flex MLPEで太陽光発電産業の
さらなる発展に貢献

タイゴは、2007年にシリコンバレーで誕生したMLPE(Module-Level Power Electronics)のパイオニア企業です。日本でもモジュールごとの発電効率が重視されるようになり、オプティマイザへの関心が高まっていますが、タイゴのソリューションは米国において、その先駆けとなるものでした。弊社は現在、日本市場の多様なニーズに応えるべく、「Flex MLPE」の普及に取り組んでいます。

Flex MLPEは、たんなるオプティマイザではありません。モニタリング、セーフティ、オプティマイジングなど5つの機能を持つモジュール式デバイスであり、プロジェクトや予算に合わせて、必要な機能だけを自由に選んで装備できるフレキシブルなシステムとなっています。

米国では、今年4月から屋根上太陽光へのセーフティ機能が法制化され、火災などの緊急時にはストリングへの電流と電圧を即時ゼロにできる機能が求められることとなりました。タイゴはいち早く、その機能の実装にも成功しています。セーフティ機能は、今後、日本でも必要とされてくることは間違いないでしょう。私たちタイゴは、これからも柔軟な発想と技術力で、太陽光発電市場のさらなる発展に貢献してまいります。

PROFILE

Tigo Energy Inc.
Chairman and CEO

Zvi Alon氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.07より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. 世界では「買取価格3円」も!? FIT低下で日本はどうなるのか(後編)
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース