太陽光発電

シュレッター、 新株主とパートナー契約を締結

太陽光発電の架台メーカーとして世界トップシェアを誇るシュレッターグループが、新株主および出資者とのパートナー契約に合意したと公表。新たな資金調達により、今後どのように業界を切り拓いていくのか? CEOを務めるTom Graf氏のコメントも掲載。

ドイツの投資会社と契約
資金は開発や市場開拓へ投入

太陽光発電取り付けシステム大手メーカーのSchletter(シュレッター)グループは、2018年6月15日、新株主および出資者とのパートナー契約を結んだことを公表した。

Schletterグループの主要新株主となったのは、Golden Square Capitalというドイツの投資会社だ。今回の契約合意により、新たに数千万ユーロの資金が、製品開発や、アジア・北アメリカにおける市場開拓に投入されることとなる。

新パートナーと共に
さらなる成長を

シュレッターグループCEOのTom Graf氏は、「当社のグループ企業は世界各地の太陽光発電市場において今後著しい成長を遂げ、今回の財務再編によって、シュレッターグループは強力なパートナーを得て、過去の財務上の負担から解放されます。その他の市場での成長が著しい場合でも、ヨーロッパの当社顧客の近くで生産を行うことができる本社工場の製造拠点としての重要性は変わりません。しかし、その維持と継続には、さらなる効率的で柔軟な体制の導入が必要条件となります」と話す。

また、「シュレッターグループ製品の品質および耐久性はこれからも高いクオリティを維持していくことに変わりはありません。また、当社のブランドの核となるこれらの特徴は、その多くが30年以上太陽光発電システムを運用する当社のお客様にとって非常に重要です」と述べた。

シュレッターグループはこのほど、太陽の位置を追尾する特許取得のオートロック機能を備えた、野外設置型トラッカーシステムを開発。この新システムは、主に北アメリカの市場向けにドイツ本社が開発したもので、2018年6月20日から22日に行われた「Intersolar Europe」で発表された。

DATA

Schletter Japan

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  8. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース