太陽光発電

まるで蓄電池! 米国で注目される電力シェアモデル

現在米国では、地域で電力を共有・所有する「コミュニティ」モデルが広がっている。その中のひとつ「コミュニティ・エネルギー貯蔵」システムは、「デマンドチャージ」というアメリカの料金システムの影響を抑制し、手軽に電気料金を下げられるという。このシステムは、今後どのように導入拡大されていくのだろうか?

前記事:「米国で新たに広がりをみせる、電気代の削減方法とは?」はコチラ

従来のオペレーションのまま
デマンドチャージを大幅削減

米国では主に非住宅用(商業ビルや工場など)の電力需要家には、「デマンドチャージ」という料金制度が従量料金にプラスされる。

デマンドチャージは「最大kW需要電力」で、ユナイテッド・パワーの場合、15分単位で計量された電力需要のうち月間で最も大きい値がその月の最大需要電力となる。

マリッザ氏によると、現在の同電力会社の非住宅用電力需要家に課されるデマンドチャージはkW当たり$17.5であり、デマンドチャージは同社の非住宅用電力需要家の月々の電力料金の約50%を占めるそうだ。

例えば、工場のモーターなどのように立ち上がりに大きな電力を必要とする機器がスタートすると、電力需要が大きく跳ね上がり、それに対して課金される。工場やビルなどは、蓄電池を組み合わせてデマンドチャージの抑制を図ることができるが、各社で蓄電池を導入するのは経済的に難しい場合がある。

そこでコミュニティ・エネルギー貯蔵のニーズが生まれる。電力需要家は大きな初期投資なしで、kW単位でコミュニティ・エネルギー貯蔵を使用できる。そして、あたかも自社に蓄電池を導入しているかのように、月々の最大需要電力を下げ、電気代を削減できる。

コミュニティ・エネルギー貯蔵を活用した、デマンドチャージ抑制のイメージ

マリッザ氏は、「商業ビルや工場などの電力需要家にとって、ピーク需要を下げるのはそう簡単なことではありません。しかし、コミュニティ・エネルギー貯蔵を使用することで、従来のビジネスオペレーションを変えずに、手軽に電力料金を下げられます。

ビジネスに柔軟性が得られるのです。さらに、我々電力供給事業者にとって、各電力需要家の負荷パターンを管理するより、全体の負荷パターンを管理する方が全く簡単です。」と語った。

コミュニティ・エネルギー貯蔵に電力需要の低い深夜に充電した電力をピーク時に放電することにより 、電力需要家は電気料金削減、そしてユナイテッド・パワーは配電網全体のピーク需要を削ることによって、グリッドの信頼と効率度を高められるだけでなく、電力卸市場からピーク時の電力購入を削減することができる。

コミュニティ・エネルギー貯蔵のように、参加者が所有権と利点をシェアする「参加型モデル」の導入拡大には、蓄電池の多様な機能を正当に価値化できる政策・規制が必要になってくる。


文/モベヤン・ジュンコ

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース