太陽光発電

ドイツ最大の太陽光発電見本市「インターソーラー・ヨーロッパ」が開催!

2018年6月20日より3日間にわたり、ミュンヘンでヨーロッパ最大の太陽光発電見本市「インターソーラーEU」が開催された。参加企業は1,177社、来場者数47,000名と、例年に引き続き大盛り上がりを見せた。出展ブースの様子をレポートする!

例年以上の盛り上がり!
ミュンヘン最大の太陽光発電見本市

2018年6月20日より3日間にわたり、ミュンヘンでヨーロッパ最大の太陽光発電見本市「インターソーラーEU」が開催された。参加企業は1,177社、来場者数47,000名と、例年に引き続き大盛り上がりを見せた。今年のインターソーラーは例年と違い、ザ・スマーター・イー・ヨーロッパ(The smarter E Europe)という名称で、イーイーエス・ヨーロッパ(ees Europe)の他にパワーツードライブ・ヨーロッパ(Power2Drive Europe)やイーエムパワー(EM-Power)と合同で開催された。

会期中は、革新的な業績を残した企業が表彰される「インターソーラーアワード」も実施。今後の太陽光発電事業の成長を促進させる取り組みを行ったとして、専門審査団の高い評価を得て、ABB、ハンファQセルズとクリナーソーラーが受賞した。

世界中の企業が出展
当日の様子を画像レポート!

会期中、数多くの出展企業の中でも、とくに盛況だったブースを紹介する。

ABB


AIDUO


Arctech Solar


ASTRONERGY


AXITEC


CanadianSolar


DELTA


EKO


ENPHASE

 

1234

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 全国の自治体から注目が集まる! サングロウの蓄電池システムで「自家消費」&「BCP対策」...
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース