太陽光発電

自家消費市場を狙うなら知っておきたい! AIとIoTが生んだ”最新技術”とは

HEMSにAIとIoTのワンストップサービスを掛け合わせた「AIHEMS(アイへムス)」をリリースした日本住宅サービス。高精度なシステムは、それまでに培われた技術とノウハウによって構築されたものだ。これからの自家消費マーケットで求められるものは一体何なのか、代表取締役の有吉氏にお話を伺った。

培った通信技術で構築する
高精度のシステム

当社は、施工が困難な屋根や壁、曲面のある建造物にも設置可能なSunMan社製の太陽電池モジュールを扱っています。試行錯誤しながらではありますが、昨年から良い感触を市場より得て来ています。

折板屋根やカーポートはもちろん、今後は企業のビルや鉄道駅などの屋根を借りてパネルを普及させようと考えています。ただ、FITで稼ぐ時代は終わり、業界全体が自家消費マーケットに入る準備を整えています。

その時に大事なのが、電力の見える化と情報の蓄積です。そのための通信技術が必須になるでしょう。そこで当社は、HEMSにAIとIoTのワンストップサービスを掛け合わせた「AIHEMS(アイへムス)」をリリースしました。

これから住宅のエネルギーマネジメント分野では、通信、家電、住宅を総合的に完結できる業者が求められると思います。今まで、日本にはなかなか通信技術と電気工事技術を持った事業者が存在しなかったため、そこを当社が担おうということです。

5年前から大手ハウスメーカーのHEMS開発に関わり、技術とノウハウを培ってきました。大変精度の高いシステムが構築できています。エネルギーと通信にコンセプトを絞り込み、安心してエネルギーマネジメントができる環境を提供したいと思います。

プロフィール

日本住宅サービス株式会社 代表取締役

有吉彰英氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. 世界では「買取価格3円」も!? FIT低下で日本はどうなるのか(後編)
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース