太陽光発電

最適化だけじゃない! “次世代パワエレ”活用による4つのメリット

太陽光発電システムを監視・制御し、パフォーマンスを引き上げる「次世代パワーエレクトロニクス」。発電量の最大化が図れることに加え、多くの特長がある。ここでは、"次世代パワエレ"の活用により生まれる大きな4つのメリットをご紹介!

①発電量の向上

経年劣化やモジュール表面の汚れ、電柱の影、モジュール設置角度の違いなど、太陽光発電所でミスマッチが発生する要因は多岐にわたる。

モジュールやストリングレベルでのMPPT(最大電力点追従機能)を有する次世代パワエレは、ミスマッチによる電力ロスを大きく低減。それぞれの発電所の状況に合わせた最適な発電状況を実現する。

②システム設計自由度の向上

傾斜地でパネルの角度が異なったり、一部のモジュールに影がかかってしまうような土地でも、次世代パワエレがあれば、発電量を最大化することができる。

モジュールを敷地いっぱいに設置する、ストリングを構成するパネルの枚数を増やす、過積載システムを構築するなど、従来の設計よりも柔軟かつ効率的なシステム設計が可能になる。

③監視精度の向上

一般的なパワコンレベルの監視から、モジュールレベル/ストリングレベルでのより詳細な監視が可能になる。

不具合を発見する精度が向上し、発電ロスを最小限に抑え、売電収入の向上につながる。長期的な発電量や事業性を考えた時に大きな差が生まれる。

④安全性の向上

火災や水害などによって、太陽光パネルの発電をストップすべき状況になった時、一部の次世代パワエレには電流・電圧を即座に低下させる=「ラピッドシャットダウン」という機能が備わっており、消防士などが復旧にあたる際の安全を確保することができる。太陽光発電所の信頼性を高めるために重要なポイントだ。


SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  8. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース