太陽光発電

システムメーカーが語る! 太陽光パネル国内新市場の可能性とは

日本の太陽光発電市場は縮小傾向にあるものの、販売量はさほど落ちていないという、リープトンエナジー株式会社。海外への販売と、国内で注力したい新たな市場について、代表取締役の周氏に話を伺った。

積極的に海外へ
日本国内向けには住宅用と自社開発

日本の太陽光発電市場は縮小傾向にありますが、当社の販売量はそれほど落ちていませんとはいえ、販売単価の下落により2017年度は厳しい1年でした。2018年度はこれまで当社が受注して動かなかった21円、24円の案件の開発が進むことが予想されるので、受注も復活すると考えています。また、現在は日本国内だけでなく、海外への販売も増えています。

昨年10月から海外への販売を始め、すでに約30MWを出荷しました。日本や中国のみならず、東南アジアや中南米など、新市場の開拓も進めています。昨年8月に太陽光パネルの新工場が本格稼働しました。

2018年3月には24時間稼働に切り替え、年間生産能力300MWのフル生産体制を構築しました。おかげで生産コストのさらなる削減を実現し、よりコスト競争力の高い、高出力・高品質な製品を供給できるようになりました。

日本では今後、住宅市場にも注力したいと考えており、住宅向けの太陽電池パネルの新製品(30、36、42セル)を市場投入する予定です。また、自社発電所の開発も進めており、2018年度は合計で10~12MWが完成する見通しです。製品の販売だけでなく、自社案件も増やしていきたいと考えています。


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  8. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース