太陽光発電

低圧オーナー必読! 太陽光発電所の「O&M」で考えるべきポイント

内装工事や不動産業界での経験を経て、"防犯のスペシャリスト"となった袋雅和氏が、2011年に設立したリアルヴィジョン。同社が考える、資産運用視点を取り入れた「真のO&M」とは? オーナーが考えておくべきポイントも紹介。

真のO&Mを目指して
独自パッケージを提供

電気工事および太陽光発電システムの提案、各種申請業務、施工、メンテナンスを一貫して手掛けるリアルヴィジョンの袋雅和社長は、メンテナンス不備の太陽光発電所を数多く目の当たりにしてきた。

その体験から、「これからのO&Mには『資産運用』の視点が欠かせない」と力強く訴える。背景には「自分は十分なメンテナンスをしている」と思い込むオーナーがまだ多く、真の意味でのO&Mが日本にまだ浸透していないことがある。定期点検や駆け付け点検といった通常のメンテナンスしかされておらず、「資産運用に関わるオペレーションができていない」(袋氏)のが現状だ。

株式会社リアルヴィジョン 代表取締役 袋 雅和氏

まずは各オーナーが、発電所=資産という視点を明確に持たなければならない。その上で売電収入だけではなく、税金がいくらかかるのか、近隣トラブルや盗難を防ぐためにはどんな対策を講じればいいかといったことを考える必要がある。

そうした機会を提供するべく、同社は6つの項目をワンパッケージにした独自のO&Mサービスを、満を持して開始した。同社のO&Mパックの特徴は、基本的な4項目に加えて「節税対策」「弁護士相談」があること。

そのヒントを得たのが、袋氏自身が参加する異業種交流会だ。参加者にはファイナンシャルプランナーや弁護士がおり、彼らに相談する中で発想が湧いてきた。

「売電収支がプラスだからOKではなく、20年というスパンで考えれば、節税ひとつで大きなお金になる。まだ表面化していない近隣トラブル、相続トラブルなどを法的な側面からサポートできれば、より太陽光発電所の資産価値を高められる」――そんな思いが、袋氏の心に芽生えた。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 太陽光の主力電源化に向けた“O&Mのあるべき姿”とは?
  3. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  4. J-クレジット「再エネ発電」への人気上々。 卒FITも特例で認証へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース