太陽光発電

九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題

10月13~14日の2日連続で、九州電力が太陽光発電の出力制御に踏み切った。離島を除く広域での出力制御は、国内初。第5次エネルギー基本計画で明記された「再生可能エネルギーの主力電源化」へ向けて、大きな課題となる。

2日連続で太陽光を出力制御
電力需給のバランス取れず

ついに、日本で初となる「太陽光発電の出力制御」が実施された(離島を除く)。

10月13~14日の2日間、両日とも9~16時に、九州電力が出力制御を実施。13日は32万kW、14日は前日を上回る54万kWの太陽光発電が出力制御の対象となった。

13~14日は土日の週末で、工場をはじめとする大口需要家の多くが休日で停止。また、秋の過ごしやすい陽気で、冷暖房のニーズも少なかった。

その一方で、九州地方の天候は晴れで日射量が多く、太陽光の発電量が増加。そのため、電力の供給量が需要を大きく上回ることから、太陽光発電の出力制御に踏み切った。

九州は、日本の中でも日射量の多い地域で、太陽光発電の普及が進んでいる。5月には、太陽光の発電比率が一時的に80%を超えた。また10月1日には、九電管内だけでは電力需給のバランスを取りきれず、本州エリアの電力会社へ送電する「長周期高域周波数調整」を初めて実施していた。

関連記事:九電が他電力会社へ協力要請! ついに九州から電力があふれ出した

 

原発4基の稼働で
電力供給量が底上げ

出力の抑制を行う順番は、以下の図のように決められている。


出力の抑制等を行う順番(出典:九州電力)

太陽光・風力といった自然エネルギーは5番目に位置づけられている。一方、原子力発電は「長期固定電源」として、最後の7番目。今回、出力制御が行われた10月13~14日も、九電管内では4基が稼働していた。

原発が稼働することで、九電管内の電力供給量は底上げされている。今回の出力制御への影響は、決して小さくはない。

国は、7月に定めた第5次エネルギー基本計画の中で「再生可能エネルギーの主力電源化」を声高にうたっている。だが、せっかく増えた太陽光発電を生かしきれず、再エネの出力制御を実施せざるをえない現実に直面した。この状況を打破するためには、出力制御を行う順番の再検討をはじめとした各種運用ルールの見直しが求められる。

DATA

九州電力

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  4. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  8. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース