太陽光発電

ソーラーパネル付き「コンテナ型低温貯蔵庫」オフグリッドでも使用可能

太陽光発電設備付きの「コンテナ型低温貯蔵庫」がケニアで開発中! 電力インフラの乏しい農村部において、鮮度管理や食料廃棄量削減などの効果が期待されている。

アイキャッチ:©Solar Freeze

ソーラー電力を活用した
コンテナ型低温貯蔵庫

2017年からケニアで開発が進められている「ソーラー・フリーズ」は、ソーラーパネルが装着されたコンテナ型低温貯蔵庫。

電力インフラの乏しい農村部での設置を想定し、地元の農家は、モバイル端末を介して0.1セントから0.5セントの料金で必要なスペースを借りることができる。ソーラーエネルギーの活用により、オフグリッドな環境でも、収穫された農作物の鮮度を適切に管理でき、食料廃棄量の削減にもつながるのが利点だ。

DATA

SOLAR FREEZE


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース