注目キーワード

太陽光発電

ソーラーパネル付き「コンテナ型低温貯蔵庫」オフグリッドでも使用可能

太陽光発電設備付きの「コンテナ型低温貯蔵庫」がケニアで開発中! 電力インフラの乏しい農村部において、鮮度管理や食料廃棄量削減などの効果が期待されている。

アイキャッチ:©Solar Freeze

ソーラー電力を活用した
コンテナ型低温貯蔵庫

2017年からケニアで開発が進められている「ソーラー・フリーズ」は、ソーラーパネルが装着されたコンテナ型低温貯蔵庫。

電力インフラの乏しい農村部での設置を想定し、地元の農家は、モバイル端末を介して0.1セントから0.5セントの料金で必要なスペースを借りることができる。ソーラーエネルギーの活用により、オフグリッドな環境でも、収穫された農作物の鮮度を適切に管理でき、食料廃棄量の削減にもつながるのが利点だ。

DATA

SOLAR FREEZE


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  9. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  10. 【2021年度からのFIT&FIP】低圧太陽光11円・10円へ。FIP移行の道筋も明らかに...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース