太陽光発電

日本のソーラーシステムは遅れている!? 自家消費時代を生き残るには?

太陽光発電が自家消費時代へ突入している今、日本の太陽光発電システムは他国に比べて遅れをとっているという。太陽光発電設備の施工を行う、株式会社エコライフ・インターナショナルCEOの井手錠氏は「これからは海外にも目を向けるべき」と語る。

海外に打って出て
あらゆるニーズに応える

日本の太陽光発電業界は、間違いなく原点回帰していきます。市場が売電収入目当てから、自家消費型になるからです。住宅用及び工場用に目が向けられるでしょう。

当社はFIT価格が仮に来年15円になっても、12円までは対策できています。撤退する企業もずいぶん増えましたが、FITが下がっても事業継続するための知恵がないから、そんな事態になるのです。

日本のソーラーシステムは遅れています。だからこそ、これからは海外に目を向けないと日本企業は生きていけません。当社はハワイやドバイに海外法人を作りましたが、1〜2年で日本での売上を抜くでしょう。

逆に、日本では知られていない、米国、スイス、イタリア、ドイツ、マレーシア、UAEの優れた商品やシステムを導入紹介してゆきます。当社をご愛顧いただくオーナーの方々は、イノベーティブなことを続ける当社に勝るソーラー関連企業はない、と理解していただいております。

施工会社がパネルメーカーを完全に超えてしまったEcoMaxシリーズ(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ)と日本市場未上陸だった海外の特徴をもったモジュールのレパートリーは8種類を超え、現場の特性やオーナー様の意向を擦り合わせながら、他社ではできない発電所を次々に設備し続けます。

プロフィール

株式会社エコライフ・インターナショナル

会長兼CEO 井手 錠氏


SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース