太陽光発電

ヴォルタリア・ジャパン、世界標準のO&Mサービスを提供開始!

世界の太陽光発電の導入量は、この10年でおよそ20倍成長。一方で、O&Mマーケットは5倍程度しか成長していない。そんな中、日本市場に目をつけたのが、再エネ事業とO&Mのサービス提供を行うヴォルタリア・ジャパンだ。

ビジネス環境が厳しさを増す
日本においてO&M事業に参入

私たちヴォルタリアは、太陽光・風力・水力・バイオマスなど多様な再生可能エネルギーの発電事業と太陽光発電所のO&Mサービスを提供しています。自社所有の発電所のみで1GWに達しています。



日本市場において、まずはO&M事業に参入することに決めました。少人数による効率的なO&Mサービスを提供し、太陽光発電所のパフォーマンスを最大化させること、それが日本における我々の使命だと考えています。

そもそも、世界における太陽光発電の導入量はこの10年でおよそ20倍に成長しているにもかかわらず、O&Mマーケットはまだ5倍程度にしか成長していません。これからO&M市場の成長が見込まれます。

未可動案件の価格切り下げについては、市場の要求に応えてコストを下げていく必要があり、やむを得ない面もあると考えています。2019年度の買取価格が14円と決定されましたが、さらに効率の良い発電所運用が求めら

れるでしょう。私たちがあえてこのタイミングで日本市場に参入しようと考えたのは、この状況の中で太陽光発電事業を継続しておられる皆様にこそ、最先端のO&Mサービスを提供できるプロバイダとして、当社のソリューションの価値を理解していただけると考えたからです。

世界標準のO&Mサービスを日本の標準とするために、全力で貢献したいと考えています。

PROFILE

ヴォルタリア・ジャパン株式会社
O&M・資産管理部門長

ピエール・ジェローム デマルケ氏


文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.28(2019年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 太陽光の主力電源化に向けた“O&Mのあるべき姿”とは?
  3. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  4. J-クレジット「再エネ発電」への人気上々。 卒FITも特例で認証へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース