注目キーワード

太陽光発電

変換効率20.2%! PERC技術を採用した最新モジュールが3月にリリース

太陽光発電業界を牽引するJAソーラーが、今年3月、単結晶モジュールの新モデルをリリース! 最新の「PERC技術」を採用することで、従来品よりも発電量が向上している。

業界トップクラスの
モジュールメーカーが
今冬、新モデルをリリース!

2005年に中国で創業し、2012年に日本支社を設立したモジュールメーカー「JAソーラー」。グローバルでの実績はもちろん、日本においても屈指の出荷量累計3.6GWを誇る。製品の性能や品質が高く評価されており、エンドユーザーから直接指名を受けるほど信頼が厚い。

そのJAソーラーが、2019年3月、単結晶モジュールの新モデルをリリースすることを発表した。従来品と比べて、どのような特徴があるのだろうか。

変換効率20.2%!
高出力単結晶PERCモジュール

今回発表された新モデル『JAM72S10-405/MR』の特長の1つは、PERC技術とマルチバスバーが採用されていることだ。

既に一般的になりつつあるが、PERC(Passivated Emitter and Rear Cell)とは、モジュール裏面近辺での電荷再結合を防ぎ、朝夕の赤色光をパッシベーション膜により反射させることで、発電効率を高める技術のこと。これにより、表面積は従来品と同じまま、発電量のアップはもちろん、「高温による出力低下の抑制」「朝夕、曇天でも発電しやすい」といった効果まで期待できる。

電気抵抗を減らすハーフカットセルとマルチバスバーを採用することで、さらなる発電効率の向上も実現した。

最大出力は405W、変換効率は20.2%と、業界トップクラスの発電性能が魅力だ。販売開始を期待したい。


単結晶高出力モジュール JAM72S10-405/MR

 

DATA

JAソーラージャパン株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 【参加無料】2月25日(金)「第21回PVビジネスセミナー」オンライン開催
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 脱炭素先行地域、第1回目の募集がいよいよスタート! 自治体の脱炭素が加速する...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース