注目キーワード

太陽光発電

変換効率20.2%! PERC技術を採用した最新モジュールが3月にリリース

太陽光発電業界を牽引するJAソーラーが、今年3月、単結晶モジュールの新モデルをリリース! 最新の「PERC技術」を採用することで、従来品よりも発電量が向上している。

業界トップクラスの
モジュールメーカーが
今冬、新モデルをリリース!

2005年に中国で創業し、2012年に日本支社を設立したモジュールメーカー「JAソーラー」。グローバルでの実績はもちろん、日本においても屈指の出荷量累計3.6GWを誇る。製品の性能や品質が高く評価されており、エンドユーザーから直接指名を受けるほど信頼が厚い。

そのJAソーラーが、2019年3月、単結晶モジュールの新モデルをリリースすることを発表した。従来品と比べて、どのような特徴があるのだろうか。

変換効率20.2%!
高出力単結晶PERCモジュール

今回発表された新モデル『JAM72S10-405/MR』の特長の1つは、PERC技術とマルチバスバーが採用されていることだ。

既に一般的になりつつあるが、PERC(Passivated Emitter and Rear Cell)とは、モジュール裏面近辺での電荷再結合を防ぎ、朝夕の赤色光をパッシベーション膜により反射させることで、発電効率を高める技術のこと。これにより、表面積は従来品と同じまま、発電量のアップはもちろん、「高温による出力低下の抑制」「朝夕、曇天でも発電しやすい」といった効果まで期待できる。

電気抵抗を減らすハーフカットセルとマルチバスバーを採用することで、さらなる発電効率の向上も実現した。

最大出力は405W、変換効率は20.2%と、業界トップクラスの発電性能が魅力だ。販売開始を期待したい。


単結晶高出力モジュール JAM72S10-405/MR

 

DATA

JAソーラージャパン株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 【募集】モニター募集!9月撮影、ロボットによる草刈り作業体験!
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 再エネビジネスの“新しい波” このチャンスを活かすには?
  4. 最新夏号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.34
  5. エネルギー供給強靭化法によりO&M環境が変わる!
  6. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  7. 世界の共通認識は「1.5℃」! 加速する気候変動対策、日本から6社が賛同
  8. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  9. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース