注目キーワード

太陽光発電

太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!

シェアリングエコノミーが太陽光でも普及している。今回紹介するのは、バングラディッシュで2014年から導入されている「ソルシェア」。2030年までには、100万人による電力売買プラットフォームになる見込みだ。

100万人による
電力売買プラットフォーム

バングラデシュで2014年に創設された「ソルシェア」はソーラーエネルギーを地域住民間で融通し合う電力売買プラットフォーム。



太陽光発電システムのオーナーは余剰電力を売却でき、エンドユーザーはモバイル決済により必要な電力を直接購入できる。

バングラデシュではすでに400万世帯以上が太陽光発電システムを導入しており、2030年までには「ソルシェア」を通じて100万人以上に電力が供給される見込みだ。

©ME SOLshare


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.28(2019年冬号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 4月27日、zoom開催決定!太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  10. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース