太陽光発電

リゾート地に浮かぶ不思議な巨大ソーラーハウス

イタリアの建築家がデザインした浮島型の住居「ウォーターネスト100」。 穏やかな水の上でならばどこにでも設置できる新しい住居の魅力とは…?

イタリアの建築家・ジアンカルロ・ゼマがデザインした、環境に優しい「ウォーターネスト100」と呼ばれる浮島型の住居。
川の流域・湖上・海岸沿い・環礁・海上など、穏やかな水の上であればどこにでも設置できる。

高さは4m、幅は12mで、100㎡の居住スペースを有し、リサイクルされたラミネート加工の材木と、同じくリサイクルのアルミニウムの外殻でできている。屋根には、この住居に不可欠な巨大ソーラーパネルが設置されている。

屋根には、4kW発電可能な60㎡のアモルファス太陽光パネルが設置される。リビング・ダイニング・寝室・キッチン・バスルームや、その他居住や仕事のニーズに合わせ、様々な設備を設置することができる。

 

使用している素材や、持続可能な生産システムにより、この住居ユニットは98%もリサイクル可能である。さらに、自然な微小換気を活用した非常に優秀な空調システムにより、低燃費住居として認証されている。
この未来型住居は、自然と完璧に調和しつつ、自立・独立して生活したい人々への理想的な解決案となるはずだ。


翻訳/大村夏波
※『SOLAR JOURNAL』vol.16 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース