注目キーワード

太陽光発電

リゾート地に浮かぶ不思議な巨大ソーラーハウス

イタリアの建築家がデザインした浮島型の住居「ウォーターネスト100」。 穏やかな水の上でならばどこにでも設置できる新しい住居の魅力とは…?

イタリアの建築家・ジアンカルロ・ゼマがデザインした、環境に優しい「ウォーターネスト100」と呼ばれる浮島型の住居。
川の流域・湖上・海岸沿い・環礁・海上など、穏やかな水の上であればどこにでも設置できる。

高さは4m、幅は12mで、100㎡の居住スペースを有し、リサイクルされたラミネート加工の材木と、同じくリサイクルのアルミニウムの外殻でできている。屋根には、この住居に不可欠な巨大ソーラーパネルが設置されている。

屋根には、4kW発電可能な60㎡のアモルファス太陽光パネルが設置される。リビング・ダイニング・寝室・キッチン・バスルームや、その他居住や仕事のニーズに合わせ、様々な設備を設置することができる。

 

使用している素材や、持続可能な生産システムにより、この住居ユニットは98%もリサイクル可能である。さらに、自然な微小換気を活用した非常に優秀な空調システムにより、低燃費住居として認証されている。
この未来型住居は、自然と完璧に調和しつつ、自立・独立して生活したい人々への理想的な解決案となるはずだ。


翻訳/大村夏波
※『SOLAR JOURNAL』vol.16 より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  9. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  10. 【2021年度からのFIT&FIP】低圧太陽光11円・10円へ。FIP移行の道筋も明らかに...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース