注目キーワード

太陽光発電

卒FITユーザー必見! あなたに合った最適プランは? 電力会社別「買取メニュー」を公開!

「預かりプラン」が面白い

東北電力・東京電力・関西電力・四国電力・九州電力では、通常の買取プランとは別に、「預かりプラン」も用意される。

預かりプランとは、太陽光で発電した電力を一定量まで電力会社が預かり、必要なときに自分の電気として使えるというもの。昼間発電した電力を預けておいて、夜間に使うこともできるので、余剰電をより有効に活用することが可能だ。家に蓄電池がなくても、電力会社自体が蓄電池の役割を果たしてくれるサービスだといえるだろう。

そのためのサービス料を電力会社に支払う必要があるが、発電している時間帯(昼間)に電気を使わない家庭なら、電気代削減効果は大きい。なお、四国電力の場合、預かり電力量の上限は月150kWhで、これを超えた分については8円/kWhという割増価格で買い取ってくれる(同社の通常の買取プランでは7円/kWh)。



新電力への切り替えも◎

新電力各社の買取メニューは、下表のとおりバリエーション豊かだ。サービス対象エリアによって、広域型と地域型に分けられるが、卒FIT電力の買取価格に大きな違いはない。ただ、大手電力の通常プランと比べると、平均で1円/kWh程度、高く設定されている印象だ。

一方で、住宅メーカーのように買取対象を自社ユーザーに限定している場合は、明らかに高い買取価格となっている。また、電力供給とのセット契約により、買取価格を引き上げているケースも少なくない。電力以外のエネルギーを扱っている会社、例えば東京ガスなどの場合は、ガスもセットにすることで、さらにお得になるプランもある。電力以外の他社との契約内容も見直すなど、トータルなプラン選びを心掛けたいところだ。

●新電力会社の主な買取メニュー


出典:各社HP・プレスリリースより作成

 


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.30(2019年夏号)より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 最新春号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.33
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  6. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  7. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. コロナ後の経済回復は再エネが担う 2020年は分散型エネルギーへのシフトが加速!...
  10. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース