太陽光発電

パリの自転車道、路面上に太陽光パネルを敷設! エコと安全を両立

最新のソーラー技術で世界を変える! 今回はパリ首都圏発のソーラー自転車道をご紹介。エコと安全を両立させた優れものだ。

新しい電力需要は
環境負荷ゼロで

トンネル出口の運転でまぶしさを体験した人は多いのではないか。パリ郊外ウルク運河の自転車専用道。いくつもの鉄道が束なる長い鉄橋下には夜間以外の照明がなかった。

鉄橋出口のまぶしさ軽減とサイクリストの安全のため、自治体は鉄橋下に昼間の照明を検討。結果、電力に太陽光を採用した。鉄橋近くの自転車道にパリを中心としたイル・ド・フランス地域圏で初めて自転車道の路面上に太陽光パネルを敷設。エコと安全を両立させた。



文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  3. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  8. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース