太陽光発電

世界初の量産型ソーラーカー! 予約受注台数は、すでに1万台を突破!?

車体でソーラー発電ができる!? そんな夢のような車が開発された。世界初の量産型ソーラーカーを開発したのは、ドイツのスタートアップ企業だ。2020年には量産に着手する見込みのソーラーカーの価格や仕組みとは。

予約が1万台を突破!

「サイオン」は、ドイツのスタートアップ企業ソノ・モーターズが開発する世界初の量産型ソーラーカーだ。

車体には248個の太陽電池が装着され、太陽光で発電した電力を容量35キロワット時のバッテリーに自動的に蓄える仕組み。この電力を使って最高速度140キロメートルで走行する。販売価格は2万5500ユーロ(約299万円)で、予約受注台数はすでに1万台を突破している。2020年には量産に着手する見込みだ。

©Sono Motors GmbH




文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  9. 東電、再エネ発電部門を分社化「東京電力リニューアブルパワー」誕生!
  10. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース