注目キーワード

太陽光発電

ABBのソーラーインバータ事業を買収した、Fimer。日本市場への参入は?

FITの抜本的見直しや住宅用の卒FITを控え、日本市場に新しいトレンドが芽生え始めつつある。Fimer S.P.A.のFilippo Carzaniga氏は、日本市場の将来をどのように見ているのだろうか。

ABBのソーラーインバータ事業を買収
戦略強化へ取り組みを開始

私達FIMERは、1942年の創業当初から、産業のオートメーションと製造の溶接システムに注力してきました。1983年にインバータテクノロジーを電力関連事業に活用し始めました。太陽光業界の成長は早く、刻々とトレンドが変化していきます。そのような業界で顧客のニーズを理解し、迅速に反応できるようになるために、ABBの力が必要だと考え、今年7月のABBソーラーインバータ事業の買収に至りました。

マーケティングやR&Iへの年間投資額の増額を考えながら、戦略面を強化していきます。市場の混乱を避けるために、3年間はABBブランドを残しつつ、徐々にFIMERブランドへと統合していく予定です。日本市場への参入は難易度が高いのですが、とても注目している市場です。

私達の強みは、ブロックチェーンや製品の小型化など、AIの分野で最も先進的な成長を遂げていることです。それらを駆使することはもちろん、私達のソリューションがどれだけすぐれているのか、日本の皆様に理解してもらうことが、市場参入にあたって必要だと感じています。FIMERとABBの長所を組み合わせて太陽光業界に唯一の製品を作り出し、日本市場で活躍していきたいと考えています。


PROFILE

Fimer S.P.A.
Mr. the Chief Executive Officer

Filippo Carzaniga氏


SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  3. 対象は産業用から住宅まで。環境省がコロナ復興策で自家消費型の太陽光を支援...
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  7. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新
  8. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 新たに創設された容量市場制度。活性化に向けた措置とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース