注目キーワード

太陽光発電

国内外向けの動向は? 太陽電池モジュールの2019年度第3四半期出荷量を発表

2月26日、一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)は、2019年度第3四半期の太陽電池出荷量を発表した。再エネ主力電源化に向かう流れの中で、大きな役割を担う太陽光発電。気運の高まりは、出荷に反映されているのか?

2019年3Q、国内向け底堅く

JPEAの発表によると、太陽電池モジュールの国内外を合わせた総出荷量は1,524MW。前年同期比で101%と増加した。国内向けは1,466MW(前年同期比102%)、海外向けは59MW(同87%)と、国内向けの出荷が牽引した格好だ。

国内向けの出荷量を用途別で見ると、非住宅用が8割を占め1,224MW(同104%)、住宅用は242MW(同94%)にとどまった。さらに非住宅用の内訳は、一般事業用途が400MW(同82%)、発電事業用途824MW(同119%)となっている。

第3四半期の調査対象期間は、2019年10月から12月の3ケ月。37社に調査協力を依頼し、うち32社から回答があったという。



国内向けは伸び、海外は前年割れ

JPEAによると、2019年度の太陽電池モジュールの国内外向けを合わせた総出荷量は以下の通り。第1四半期は1,585MWで、前年同期比115%。第2四半期においては 1,730MW、同117%だった。第3四半期は、第1・2四半期よりも前年同期比が伸び悩んだものの、前年を上回る出荷だ。

総出荷量と国内出荷量は前年より増加しているが、一方で、海外向けの出荷量は前年割れが続いている。特に、2019年度第1四半期では、海外向け出荷量は92MW、前年同期比76%と、8割に満たなかった。

JPEAは、2002年度から四半期ごとの統計を、2014年10月度から月次の統計を独自に集計している。2002年度当初の調査対象は23社だったが、現在は37社まで増加した。

DATA

一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)


文/山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース