太陽光発電

国内外向けの動向は? 太陽電池モジュールの2019年度第3四半期出荷量を発表

2月26日、一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)は、2019年度第3四半期の太陽電池出荷量を発表した。再エネ主力電源化に向かう流れの中で、大きな役割を担う太陽光発電。気運の高まりは、出荷に反映されているのか?

2019年3Q、国内向け底堅く

JPEAの発表によると、太陽電池モジュールの国内外を合わせた総出荷量は1,524MW。前年同期比で101%と増加した。国内向けは1,466MW(前年同期比102%)、海外向けは59MW(同87%)と、国内向けの出荷が牽引した格好だ。

国内向けの出荷量を用途別で見ると、非住宅用が8割を占め1,224MW(同104%)、住宅用は242MW(同94%)にとどまった。さらに非住宅用の内訳は、一般事業用途が400MW(同82%)、発電事業用途824MW(同119%)となっている。

第3四半期の調査対象期間は、2019年10月から12月の3ケ月。37社に調査協力を依頼し、うち32社から回答があったという。



国内向けは伸び、海外は前年割れ

JPEAによると、2019年度の太陽電池モジュールの国内外向けを合わせた総出荷量は以下の通り。第1四半期は1,585MWで、前年同期比115%。第2四半期においては 1,730MW、同117%だった。第3四半期は、第1・2四半期よりも前年同期比が伸び悩んだものの、前年を上回る出荷だ。

総出荷量と国内出荷量は前年より増加しているが、一方で、海外向けの出荷量は前年割れが続いている。特に、2019年度第1四半期では、海外向け出荷量は92MW、前年同期比76%と、8割に満たなかった。

JPEAは、2002年度から四半期ごとの統計を、2014年10月度から月次の統計を独自に集計している。2002年度当初の調査対象は23社だったが、現在は37社まで増加した。

DATA

一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)


文/山下幸恵(office SOTO)

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 雑草対策にはどんな種類がある? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”②...
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  7. 経産省が9社の送配電分離を認可! ついに電力システム改革は最終局面へ
  8. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース