注目キーワード

太陽光発電

今後の日本市場ではソリューションの提供が必要? クラニッヒソーラーの戦略に迫る

FITの抜本的見直しによって、2020年以降のビジネスをどのように構築していくのか。商社「クラニッヒソーラー」取締役のロビン・ゴスマン氏に今後の戦略を聞いた。

機器販売を超えた
ソリューションを提供

これまでは全量売電の低圧、高圧や特別高圧の野立て太陽光発電所が主流で、直近ではそのような案件も引き続き多く導入されると思いますが、今後は、太陽光発電は様々な違う形で、日本市場に継続的に普及していくと予想しています。
 
住宅用太陽光やソーラーシェアリングもその1つですが、特に工場やショッピングモール等における屋根上設置の産業用太陽光発電は、まだ日本では大きなポテンシャルがあると考えています。
 
弊社の本社があるドイツでは、屋根上設置の産業用太陽光発電は、既に太陽光発電市場における1つの主流となっています。
 
今後の日本市場では、以前のような機器の販売だけではなく、ソリューションでの販売が必要になっていくでしょう。
 
弊社は1995年にドイツで創業した後、今までに20ヶ国以上に進出し、様々な国で制度変更による市場トレンドの変化を数多く経験してきました。25年にわたる太陽光発電市場に関する豊かな経験や深い知識に基づいて、商品の提供にとどまらず、お客様のビジネスに貢献できるコンサルティングサービスも、充実した形でご提供できると自負しております。
 
弊社のグローバルベースでの豊富な商品ラインナップの中から、今後の日本市場の変化に柔軟に対応できるよう、最適な商品を揃えていきます。
 
例えば、弊社が販売している高品質長寿命のドイツブランド太陽電池モジュールや、逆潮流無しの産業用自家消費システムに対応できるパワーコンディショナ、高品質のドイツ製の陸屋根および折板屋根用の架台などの需要は、今後日本で増えていくものと考えています。
 
弊社のグローバル戦略の中で、日本はこれからも非常に重要な市場であり続けるでしょう。

PROFILE

クラニッヒソーラー株式会社
取締役

ロビン・ゴスマン氏


SOLAR JOURNAL vol.32(2020年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 再エネビジネスの“新しい波” このチャンスを活かすには?
  3. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  4. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  5. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  6. 世界の共通認識は「1.5℃」! 加速する気候変動対策、日本から6社が賛同
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 最新夏号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.34
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 2020年はコロナによる影響も? 世界の太陽光発電導入量に関する見通し

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース