注目キーワード

太陽光発電

悪天候にも活躍! Tigerシリーズ「N型パネル」の特徴とは。

数あるモジュールメーカーの中でも、先進技術を誇るジンコソーラー。新製品「Tiger」シリーズは、発売から3ヶ月で出荷量1GWに達した。そんな同シリーズから最大出力を475Wへと更新したN型パネル「Tiger N-type Mono-facial」をご紹介しよう。

弱光性能の高いN型を採用
最高変換効率は21.16%

太陽光発電メーカーとして世界最大手のジンコソーラー。パネルメーカーで世界初のRE100・EP100への加盟は記憶に新しい。2019年の出荷量は14.3GWにのぼり、4回連続で世界首位を誇る。

同社の高出力の新製品Tigerシリーズの出荷スピードは、その注目の高さを証明している。なんと、発売から3ヵ月で1GWを達成。

Tigerシリーズの新たなラインナップ「Tiger N-type Mono-facial」は、これまでの465Wを更新し、475Wを実現。最大出力を塗り替えた。

「TigerN-type Mono-facial」は、これまでのTigerシリーズ同様、低コストと高出力を両立している。これを実現するのは、同社の最新技術「9BB(バスバー)」と「タイリングリボン」だ。9BBは、一般的な5BBと比べ、クラック発生時の電力ロスを半分に抑えることができる。タイリングリボンは、セルの隙間をなくすことで、発電効率を高める仕組みだ。

こうした最新技術により、単結晶・片面でのモジュール最高変換効率21.16%を実現した。

セルタイプは、日射が弱いときでも発電能力の高いN型を採用。出力の低下をもたらす光誘導劣化率が、P型と比べ極めて低い。N型はシリコン基板の構造がP型と異なり、正面からの入射光だけでなく、反射光も利用できる。そのため、日射の少ない朝や曇りの日でも、発電パフォーマンスが高い。

現在、同社はさらに出力を上げた500Wの新製品を準備しているという。同社の技術の粋が詰まった「Tiger N-type Mono-facial」が流通市場の主役に躍り出ることは間違いない。

P型パネルとの違い

P型 PERC構造


N型 PERT構造

ジンコソーラーは、P型単結晶セルの変換効率で世界記録を持つ。ブラックシリコンや多層ACR技術を活用したP型パネルには定評がある。一方、N型パネルのシリコン基板構造は、P型より複雑な構成になっている。入射光と反射光の両方で発電できるP型パネルは、弱光条件の発電パフォーマンスや温度係数に優れている。

問い合わせ

ジンコソーラージャパン株式会社
(東京)
東京都中央区京橋2丁目2番1号 京橋エドグラン9階
TEL:03-6262-6009
FAX:03-6262-3339

(大阪)
大阪市中央区南本町1丁目8番14号 堺筋本町ビル6階
TEL:06-6125-5553
FAX:06-6125-5977


文/山下幸恵(office SOTO)

SOLAR JOURNAL vol.33(2020年春号)より転載

Sponsored by ジンコソーラージャパン株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  6. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  9. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  10. 【2021年度からのFIT&FIP】低圧太陽光11円・10円へ。FIP移行の道筋も明らかに...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース