注目キーワード

太陽光発電

世界中で採用ぞくぞく!ジンコソーラーの「Tiger Pro」が躍進中!

太陽光モジュールのリーディングカンパニー、ジンコソーラーは圧倒的な製品パフォーマンスで常に業界に驚きを与えている。「Tiger Pro」シリーズは、最大585Wの高出力で世界の再エネ導入を牽引する。

東南アジア最大案件に導入
世界の再エネ普及に貢献する

ジンコソーラーは、世界トップクラスのモジュールメーカーだ。世界累計出荷量は59GWを超え、100ヶ国以上で導入されている。モジュールメーカーとしてRE100に参加した環境先進企業でもある。

昨年8月、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスから6年連続で最高のバンカビリティ(融資適格性)格付けを取得。世界最大手の総合情報サービス・ブルームバーグが提供するリサーチサービスで、ジンコソーラーの融資能力は100%と世界トップクラスに位置づけられた。顧客や投資家、金融機関からのジンコソーラーに対する信頼は、さらに揺るぎないものとなった。

同年9月には、ベトナム初の大型再生可能エネルギープロジェクトへの参画も果たした。トルンナムグループによるこのプロジェクトは、両面発電モジュールのプロジェクトとして東南アジア最大級だ。ジンコソーラーは、Tigerシリーズの「両面透明バックシートモジュール」611MWを提供した。


ベトナムで2020年9月に完成した611MWの太陽光発電所。出力455-460Wの「Tiger Pro片面タイプ」が140万枚採用された。

Tiger両面透明バックシートモジュールは、ハーフセルやタイリングリボン(TR)技術を採用することで、通常の片面モジュールよりもはるかに高い効率を実現し、LCOEを削減できる。両面モジュールでありながら片面モジュールの重量以下に抑えた軽量設計で、施工性も高い。高温多湿のベトナムでも、高いパフォーマンスを発揮するだろう。

日本国内では、再エネの普及を後押しするバーチャルパワープラント(VPP)実証事業に取り組む。ジンコソーラーは、再生可能エネルギーの普及に積極的に取り組むグローバルリーダーとして躍進し続けている。

DATA


Tiger Pro
「Tiger Pro」シリーズは、驚異の最大出力585Wを誇る。片面/両面発電タイプの4種類をラインナップし、発電量は最大25%UPした。ハーフセルやマルチバスバー、タイリングリボン技術など、技術力を結集して実現した高性能モジュールだ。

問い合わせ

ジンコソーラージャパン株式会社
(東京)
東京都中央区京橋2丁目2番1号
京橋エドグラン9階
TEL:03-6262-6009
FAX:03-6262-3339

(大阪)
大阪府大阪市中央区安土町2丁目3番13号
大阪国際ビルディング31階
TEL:06-7663-1556


文/山下幸恵(office SOTO)

SOLAR JOURNAL vol.35(2020年秋号)より転載

Sponsored by ジンコソーラージャパン株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  9. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  10. 【2021年度からのFIT&FIP】低圧太陽光11円・10円へ。FIP移行の道筋も明らかに...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース