注目キーワード

太陽光発電

自家消費・リパワリング需要に対応!GoodWeが日本市場に本格参入!

世界80ヶ国以上でパワコンを販売しているグローバルメーカーのGoodWe。同社が日本向けに新たな分散型パワコンを開発した。自家消費・リパワリングに最適な注目のモデルだ。

大規模分散型パワコンを開発し
日本市場に本格参入

販売地域は80ヶ国を超え、世界11拠点に支社を構えるパワコン専業のグローバルメーカーGoodWe。世界ナンバーワンの蓄エネハイブリッドパワコンサプライヤーであり、唯一5年連続でTUV賞を受賞した技術力の高いパワコンメーカーだ。安定的に成長を続け、2020年に上海において上場し、会社の市場価値は2021年1月時点で4500億円に到達。バンカビリティの面でも盤石の体制を整えている。

同社が新たに開発したのが、日本市場向けの大型ストリングパワコンだ。出力125kWと185kWの2種をラインナップし、高圧〜特別高圧の需要に応える。

250kWモデルで稼働している太陽光発電所において、10年目を迎えるタイミングでの置き換え需要にマッチした出力構成だ。旧モデルでのメンテナンスコストで新型へのリプレースが可能となり、リパワリングによってパフォーマンスを向上し、コスト削減も同時に実現できる。アーク検出やコネクタ温度測定といった機能を備えるなど安全性能を充実させており、運用面も考慮した製品だ。

さらに、同社が日本市場で注力するのが33kW・40kWモデル。ストリングレベルでのMPPTを実施し、発電ロスを削減。新規案件での分散型設置に適した製品だ。

日本支社を設立し
サポート体制の拡充を図る

日本市場で本格的な供給を開始するにあたって、GoodWeは2020年10月に日本支社を設立。故障時にはセンドバック方式で対応しつつ、サービスエンジニアによるサポート体制も拡充する予定だ。

本格的に導入が進む自家消費モデルや、まもなく拡大する日本のリパワリング市場において、GoodWe製品の存在感が高まってゆくに違いない。

DATA

大規模分散型パワコン
HT-JP125kW(DC1100V対応)
HT-JP185kW(DC1500V対応)


日本市場向けに開発された125kW/185kWの2つの製品は、それぞれ1100V/1500Vに対応。メガソーラーにおけるパワコンリプレースに適した出力で、2021年後半に出荷を開始する予定だ。

商業用分散型パワコン
SMT-JP33kW/SMT-JP40kW


ストリングレベルでのMPPTを実現し、発電ロスを削減。新規案件での分散型設置に適した製品だ。アーク検出機能、コネクタ温度測定機能を備え、安全性能を高めている。

PROFILE

GoodWe Japan株式会社
カントリーマネージャー

中井久人氏

問い合わせ

GoodWe Japan株式会社
東京都新宿区西新宿1-20-3 西新宿髙木ビル
TEL:080-3202-2021
E-mail:hisato.nakai@goodwe.com


SOLAR JOURNAL vol.36(2021年冬号)より転載

Sponsored by GoodWe Japan株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース