注目キーワード

太陽光発電

環境に負荷をかけずに処理する<公共トイレ>がフランスから登場!

公共トイレが少ないフランスに、環境に負荷をかけずに処理できる女性向けトイレが登場した。どんな仕組みになっているのだろうか。世界のトレンドを見ていこう。

環境に負荷をかけずに処理する
小用に特化した女性向けトイレ

汲み取りとその運搬にはカーボンフリーの自転車などを利用

公共トイレが少ないフランスで、男性と同等のトイレへのアクセスを整えるべく仏スタートアップ「ファルタジ」が開発したのが、女性向け簡易設置型便器「ユリトロトワール」だ。小用に特化し、個室に便座はなく中腰で用を足す。尿は下部のタンクに集められ肥料として利用。水回りの工事は必要ない。室内電源には太陽光を使う。

同社は以前、同名の男性向け小便器を作りパリに設置したが男性向けのみは平等でないと批判を受けていた。

©Faltazi


文:Yukinobu Shuzui

SOLAR JOURNAL vol.36(2021年冬号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  6. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  9. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  10. 【2021年度からのFIT&FIP】低圧太陽光11円・10円へ。FIP移行の道筋も明らかに...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース