注目キーワード

太陽光発電

薄膜化のトレンド最前線! 「MWTテクノロジー」で叶えた高効率な軽量モジュール

モジュールの効率と柔軟性の双方を向上させる「MWTバックコンタクト技術」が注目されている。トレンドの薄型化に対応するデザイン性の高さだけでなく、既存のPERC技術とも組み合わせが可能な新技術だ。

正負の両極を背面に配置し
効率と柔軟性を同時に向上

中国太陽光発電産業協会が発表した最新の「中国太陽光発電産業発展ロードマップ2020」では、MWT(メタル・ラップ・スルー)バックコンタクト技術による製品の伸びが予想されている。正極と負極の双方を背面に配置したMWTバックコンタクト技術は、バスバーによってできる表面の影を減らし、モジュールの効率を高める。

ロードマップによると、MWTバックコンタクト技術などによる変換効率は現在24%だが、将来的には26%にまで向上する可能性があるという。また、現在主流のPERC単結晶セルとも組み合わせることができる。

MWTバックコンタクト技術は、前面のグリッドラインを省略し、すっきりとしたデザインを実現する。もっとも薄いモジュールパッケージでは、約100umの超薄型セルに対応し、設計の自由度が格段にアップする。

サンポートパワーの「Sシリーズ・フレキシブル・モジュール」は、セル表面にグリッドラインがなく、意匠性の高い現場にも馴染む。最小曲げ半径0.25mという驚異の柔軟性で、複雑な案件にもフィットする。「Dシリーズ」は、美観を損ねないオール・ブラックのデザインが魅力的なモジュール。デザイナーズ住宅などにもぴったりだ。

サンポートパワーは、中国の3都市に製造拠点を構え、グローバルに活躍するモジュールメーカーだ。CEOの張鳳鳴氏は「当社は日本市場を重要視しています。今回発表した製品は、日本の住宅に適した高効率・高品質なモデルです」と語る。

グリッドラインが目立たず
景観を損ねない

S Series—Flexible Solar Module

MWTバックコンタクト技術の独自の組み合わせによって、柔軟性の向上と高効率性、信頼性を同時に実現した。


D Series—Full Black Module

最高出力は385W。表面のグリッドラインをなくした黒一色のモデルで、広いデザインスペースを確保した。

PROFILE

江蘇サンポートパワー株式会社 CEO

張鳳鳴氏

問い合わせ

江蘇サンポートパワー株式会社
江蘇省無锡市新呉区錫士路20号
E-mail:info@sunportpower.com


取材・文:山下幸恵(office SOTO)

SOLAR JOURNAL vol.37(2021年春号)より転載

Sponsored by 江蘇サンポートパワー株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  10. 自己託送を「日本版コーポレートPPA」に。経済産業省が要件の見直しスタート...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース