注目キーワード

太陽光発電

ファーウェイの住宅向け蓄電池が人気! 中小施設の自家消費ソリューションに。

工場・倉庫・介護施設などの自家消費型太陽光発電設備に、ファーウェイの住宅向け蓄電システムを導入するケースが増えている。その理由は、どこにあるのか──先進事例を数多く手掛けるヒューマンリンクに聞いた。

中小規模の工場・倉庫などで
評価を高める蓄電システム

激化する国際情勢を受けて、電気料金の高騰が懸念されるなか、太陽光発電の自家消費ニーズが急速に高まっている。自家消費ソリューションの中核を成すものとして、蓄電池を導入する動きも加速している。こうした状況にあって、いま中小規模の工場や施設で評価を高めているのが、ファーウェイの住宅向けスマート蓄電システム「LUNA2000シリーズ」だ。関東圏を中心に、土地開発からO&Mまでワンストップで展開するヒューマンリンクも、同蓄電システムを積極的に提案するEPCとして知られる。

施設に合わせて構築できる
最適なソリューション

ヒューマンリンクは、早くから自家消費案件に取り組み、中小規模の施設向けに、蓄電池を組み入れたシステムも多数手掛けてきた。その対象は工場・倉庫・介護施設・集合住宅など多岐にわたり、完全自家消費から一部自家消費まで幅広い実績を有している。

同社は、ファーウェイの住宅向けスマート蓄電システムを、なぜ多くの事業施設で採用しているのか。代表取締役の平田清嗣氏は、その理由をこう述べる。

「LUNA2000シリーズは、住宅向けということで売り出された蓄電システムではありますが、そのメリットは住宅用だけに留まるものではありまん。お客様の施設に最適な自家消費ソリューションを考えたとき、結果として、LUNA2000シリーズを選んでいたのです。

この蓄電システムのメリットはいろいろありますが、1台5kWhのモジュール構成になっているのも他社にはない特長です。5kWh単位で、必要量に応じて増やせるので、お客様それぞれのニーズに合わせた提案が可能です。

事業施設には低圧受電と高圧受電がありますが、いずれの場合にも柔軟に対応できます。高圧受電で必須となる逆潮流の制御も容易です。

また、この機種は単相出力なので、目的に特化したシンプルな構成が可能であり、コストパフォーマンスに優れています。BCP対策も、適切な規模で無駄なく行えます。中小規模の工場や介護施設などには、打ってつけの蓄電システムなのです。環境省の補助金(ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業)の対象機種にもなっているので、投資対効果も抜群です」(平田氏)。


株式会社ヒューマンリンク代表取締役の平田清嗣氏(右)と第一営業部部長の齋藤健一氏(左)

12>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 2022年夏・冬の電力需給は依然厳しく。節電要請や計画停電も検討、経産省...
  2. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  3. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 「バーチャルPPA」とは? その仕組みやメリット、制度の動向を解説!
  9. アセットマネジメントを日本の太陽光市場に根付かせる。
  10. 不完全な電力市場が価格高騰の元凶。道理にかなった細事こそ展望を開く

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース