太陽光発電

蓄電池黄金期突入! 求めるべきは賢い貯蔵システム

sj_gel_161205

一般消費者が求める賢い貯蔵システム

大型のエネルギー貯蔵の対象が主に風力発電なのに対して、家庭で貯蔵するのは、主に屋根置きの太陽光発電からの電気である。

昨年のミュンヘンのインターソーラーあたりから、太陽光関連の展示会の大きなスペースを蓄電池が占めてきている。蓄電池メーカーは価格と機能を競い、テスラ社のように脚光を浴びるいわばスターも現れた。

しかし、基本となるのは屋根上からの電気をどう効率的に使うかをコントロールするソフト機能の争いであると言って良い。これに対して、エーオンやRWEといった既存の大電力会社や前号でご紹介したゾネンバッテリー社などの急成長組が次々と太陽光と組み合わせた新しいシステムを発表している。システムには当然コストがかかる。蓄電池の充放電をスマートにコントロールすることによって得られるメリットがコストを上回って初めて導入へと結びつく。いくつかの資料から見ると、システムの導入によって家庭内で消費する8割から9割の電力を自らで賄うことができるとしている。

エネルギー貯蔵が引き起こすこと

2つのエネルギー貯蔵は、独立して機能するわけではない。家庭内で9割近い電力が賄えれば、グリッドへの負荷は大幅に減る。それは、国全体のネットワークの負荷を下げることにもなる。

さらに、前述したゾネンバッテリー社は、自社の蓄電池システムを導入した家庭をつなぐ「ゾネンコミュニティ」という電力融通サービスをスタートさせている。エネルギー貯蔵技術の進展とシステムの拡大に伴ってエネルギーの需給管理などのビジネスが飛躍的に伸びていくであろう。再エネを創エネの側面からだけ見ている事業者はあっという間に時代から取り残されていくに違いない。


北村和也 Kazuya Kitamura
エネルギージャーナリスト。日本再生可能エネルギー総合研究所(JRRI)代表。エネルギーの存在意義/平等性/平和性という3つのエネルギー理念に基づき、再エネ技術、制度やデータなど最新情報の収集や評価などを行う。
日本再生可能エネルギー総合研究所ホームページ

『SOLAR JOURNAL』 vol.19より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース