注目キーワード

「オプティマイザ」の検索結果

O&M事業者にとって、パワコンの交換をきっかけに、発電量を高めるリパワリングを積極的に提案するのも一つの手だ。それは、O&M事業者、太陽光発電事業者、そして広くは日本社会にまでメリットをもたらす。

【太陽光発電所】これからのO&Mとリパワリングビジネス

オプティマイザをプラスするだけで、高効率で、発電量が大きく、採算性の高い太陽光発電システムを構築することができるという。このほどファーウェイが発表したオプティマイザには、自家消費時代のニーズを先取りする最新性能が凝縮されている。

パネル性能を最大限に引き出す最適化デバイス 「オプティマイザ」が、これからの常識になる!?

パネルの経年劣化など、運転開始以後の発電量低下が避けられない太陽光発電所。FIT施行からまもなく丸9年を迎える今、発電所の能力を高める「リパワリング」が注目を浴びている。

「リパワリング」で太陽光発電所の発電量低下を抑制する

自家消費では、屋根下の事業に影響を及ぼさない安全な運用が最優先だ。Luxor Solarは、本国ドイツの技術でパネルとオプティマイザをセットにしたSMART LINEを開発。安心のソリューションを提供する。

ルクサーソーラーに聞いた!自家消費でのオプティマイザの必要性

既設の太陽光発電所を最適化し、IRR(内部収益率)を向上させる「オプティマイザ」が話題だ。導入することで、どれほどの効果が期待できるのだろうか? オプティマイザの活用事例をご紹介しよう。

2.5倍の過積載でIRRが大幅向上! 太陽光発電のオプティマイザ活用事例

太陽光発電所の増加に伴って、セカンダリー市場の拡大が予測されている。ストリングレベルで発電を最適化し、発電所の価値を高める「Amptストリングオプティマイザ」の活用法をご紹介しよう。

PVセカンダリー市場の準備を! 既存発電所の価値を高める方法とは?

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【参加無料】5月27日(金)「第22回PVビジネスセミナー」
  2. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  8. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?
  9. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  10. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース