風力

欧州の洋上風力発電2017 入札価格下がり市場拡大

世界の再生可能エネルギーを、太陽光とともに牽引する風力発電。洋上風力発電の普及が、急速に進んでいるのだ。風力大航海時代の始まりである。今回は、洋上風力の大規模化について日本風力エネルギー学会(JWEA)会長・石原孟氏(東京大学教授)に伺った。

欧州・洋上風力は
大規模化へ

土地の制約がない洋上には、大規模なウィンドファーム(複数の風車からなる風力発電所)の建設が可能である。現在、世界最大のウィンドファームは、イギリスの洋上風力発電所「London Array」で、3.6MWの風車175基からなる。その設備容量は、合計で630 MW (0.63GW)。一般的な原発1基がおよそ1GWであることを考えると、そのスケール感が伺えよう。
そして留意すべきは、この発電所が突出して大きいのではなく、最近のヨーロッパのウィンドファームは600MWクラスが主流であるという点だ。昨年7月に入札にかけられたオランダの洋上ウィンドファームに至っては、700MW規模だというから驚かされる。

 

欧州における洋上風力発電導入量

洋上風力発電の導入がイギリス等を中心に拡大し、2016年までに累計1440万kW

(出典)EWEA「 The European offshore wind industry – key trends and statistics 2015」を元に本誌編集部にて作成

 

価格競争力のある
電源として

ウィンドファームが大規模化する要因としては、再生可能エネルギーに対するニーズの高まりとともに、コスト面での要請も大きい。ヨーロッパの大規模風力発電は入札が主流であり、コスト効率に優れた発電所しか建設ができない。そして採算性を上げるためには、規模を大きくした方が有利だからだ。
結果として、風力の入札価格は下がり続けており、前述のオランダのウィンドファームは72.7ユーロ/MWh(8.1円/kWh)で落札されている。さらに昨年11月には、スウェーデンの発電事業者が、バルト海上に建設する洋上風力発電所を49.9ユーロ/MWh(5.7円/kWh)で落札した。
いまや洋上風力発電は、他の電源と比較しても充分に安い、価格競争力のある電源となっているのである。

風力大航海時代
→ 第1弾はこちら
→ 第3弾はこちら
→ 第4弾はこちら
→ 第5弾はこちら


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.22より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  7. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース