風力

経産省主導 浮体式洋上ウィンドファームに国力注ぐ

着々と洋上風力発電の普及を進める世界の国々。日本は洋上風力では一歩出遅れた格好だ。風力発電の大海原に漕ぎ出す日本の未来は? 日本風力エネルギー学会・石原孟氏に聞いた。

浮体式洋上風力に
大きな期待

洋上風力には、海底に風車を固定する着床式と、風車を浮体として海に浮かべ、チェーン等で海底に係留する浮体式がある。遠浅の海岸の多いヨーロッパでは、これまで着床式が一般的だったが、海が急に深くなる日本の沿岸では、浮体式の方が、より大きなポテンシャルを秘めている。
「浮体式については、経産省主導による『福島浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業』(http://www.fukushima-forward.jp/)など、国も力を入れています。学会としても日本の浮体式を国際競争力のあるものにできるよう、尽力していきたいと考えています」と、石原氏も熱く語る。世界には一周遅れの感もある日本の風力発電だが、その可能性はどこよりも大きいのかもしれない。

風力大航海時代
→ 第1弾はこちら
→ 第2弾はこちら
→ 第3弾はこちら
→ 第5弾はこちら


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.22(2017年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 太陽光&水蒸気で水素を生成!? ベルギー発の画期的なパネルとは?
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 「ポストFIT」をどう乗り切る? 足元の課題は過積載で解決!(前編)
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース