スマート関連

セブン-イレブン、再エネ5割の新店舗をオープン!

コンビニ大手のセブン-イレブンが2018年5月22日、太陽光発電や風力発電などの設備により、使用電力の約半分を再生可能エネルギーでカバーする新店舗をオープンした。「環境負荷の低減」に力を入れた、最先端のスマートコンビニとは?

アイキャッチ:Quality Stock Arts / Shutterstock.com

90種の技術が集結!
最新のスマートコンビニ

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは、2018年5月22日、新たな技術を結集した実証店舗「セブン‐イレブン相模原橋本台1丁目店」をオープンした。

今回の取り組みは、特に「環境負荷の低減」を高いレベルで推進することを目標として始まったプロジェクト。2017年12月に『ひとと環境にやさしい店舗』として開店した「セブン‐イレブン千代田二番町店」で実証を進めてきた技術を一部改良・採用しながら、新たな技術を含め全50社・90種類の技術を採用したという。

使用電力の約半分は
再生可能エネルギーで対応可能

新店舗では、駐車場スペース201.6㎡に、フランスの大手建設・ブイググループのコラス社による路面太陽光発電設備『WATTWAY by Colas』を敷設。

また、カーポート上および店舗屋上には、三井物産プラントシステム提供の太陽光パネルを設置しており、年間発電量(実使用分)は合わせて80,000kWh/年を超えると見込んでいる。

店舗イメージ(セブン-イレブン・ジャパン プレスリリースより引用)

さらに、店頭のサインポール上には風力発電設備と太陽光パネルを設置したほか、大容量のリチウムイオン蓄電システムなどを導入。

結果として、1店舗における使用電力の約半分を「CO2排出ゼロ」の再生可能エネルギーでまかなうことが可能になったという。

セブン-イレブン・ジャパンは、新たに採用した技術はいずれも本店舗での試用・実証を足掛かりに、可能なものから全国の店舗への拡大を検討していく考えだ。

DATA

セブン‐イレブン相模原橋本台1丁目店

神奈川県相模原市緑区橋本台1丁目19‐8

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 『007』最新作に登場予定の車はコレだ! 高性能EV「ラピードE」の魅力とは?
  10. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
PV2019 太陽光発電展示会&フォーラム

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース