太陽光発電

スイスのEnvion社、仮想通貨ビジネスに再エネを活用

スイスを拠点とするブロックチェーンスタートアップ企業のEnvionが、仮想通貨の「採掘(マイニング)」において、再生エネルギーを活用してコンピューター処理を行う『マイニング用データセンター』を開発した。

再生可能エネルギーによる
マイニング用データセンター

ビットコインに代表される仮想通貨は既存の取引台帳と整合性をとりながらすべての取引を追記する仕組みとなっており、この処理には“マイニング”と呼ばれる不特定多数からのコンピューター処理能力の提供が不可欠だ。

そこで、スイスのエンヴィオンは太陽光などの再生可能エネルギーをマイニングに活用するコンテナ型データセンターを開発。どこでも余剰電力を使ってマイニングできるのが利点だ。

マイニング用データセンター

2018年内にも量産が開始される。

DATA

ENVION

©2017 Envion AG


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 12/19(木)開催PVビジネスセミナー「成功する産業用自家消費ビジネス」
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  7. 『Amazonプライム』の年会費4,900円がゼロに⁉ 大阪ガスが今までにない電力サービスを開始
  8. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 台風停電に救い。 太陽光発電所が充電ステーションに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース