バイオマス

DIC、インドネシア工場でバイオマス燃料を採用

近年、再生可能エネルギーを導入する工場が増えてきている。世界トップシェアを誇る顔料メーカーのDICは、2018年度より、子会社工場の燃料を石炭からパームヤシ殻(PKS)へ本格切り替えしていくと公表した。有効なバイオマスエネルギーとして注目されている、PKSの実力とは?

CO2削減のため
エネルギー置換を本格化

印刷インキ、顔料メーカーのDIC株式会社が、インドネシアの100%子会社で顔料を生産するカラワン工場において、場内で使用する熱エネルギーを得るボイラ用燃料の一部を、石炭からパームヤシ殻(Palm Kernel Shell:PKS)に置換する取り組みを2018年1月より本格開始した。地球温暖化防止への取り組みとして、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが目的だ。

再生可能エネルギーであるPKSはCO2を排出しないうえ、発熱量も高いことから、新たなバイオマスエネルギーとして期待されている。インドネシアは世界第二のパームオイル生産国で、オイルを抽出した後のPKSが豊富に発生することから、採用に踏み切ったようだ。

バイオマスへの置換により
工場の課題を徐々にクリア

同工場は、DICが連結子会社化した2012年以降、生産量は右肩上がりになった一方、消費エネルギーの増大によるCO2の大量排出が課題だったという。

そこで、2017年にエネルギーマネジメントシステムの国際規格である「ISO-50001」認証を取得。石炭使用量の約12%をPKSに置換することで年間約5,000tのCO2排出量削減を実現するなど、環境負荷低減への取り組みをスタートさせていた。

今年度からはこの活動を本格化し、PKS比を25%まで引き上げることで、CO2排出量を年間約10,000t(2016年比15%)も削減している。

DICグループは、「『2013年を基準年として2020年時点にCO2排出量を7.0%削減する(年平均1.0%削減)』と目標を掲げて、省エネルギーと低炭素化の推進に取り組んでいる。今後も引き続き、グローバルで温室効果ガスの削減に努め、サステナブルな社会の実現に貢献していく」としている。

DATA

DIC株式会社

  • 関連記事

    アクセスランキング

    1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
    2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
    3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
    4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
    5. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
    6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
    7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
    8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
    9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
    10. 上海モーターショー特別レポート! 突出する中国と迷走する日本!(後編)

    フリーマガジン

    「SOLAR JOURNAL」

    vol.29 / ¥0
    2019年4月26日発行

    お詫びと訂正

    ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース