編集部からのお知らせ

小型風車の新定番? ダリウス型がやってくる!

ダリウス型風車は
音が静かで乱流に強い

現在、日本で設置されている風車は、その大半がプロペラ型風車である。プロペラ型風車は高速回転に優れた特性をもつ反面、首振り運動にともなう効率ロスや乱流への対応、騒音問題など、いくつかの課題が指摘されている。

その点、ダリウス型風車は、風の向きを選ばないため乱流に強く、強風時でも大きな騒音を出さないという。そのため、風向きが安定しない地域や都市近郊部でも比較的容易に設置することができる。さらに、一般的なプロペラ型風車より、設置コストが安く済むというメリットも有している。


Chava Wind 社(CEO Hagen Ruff写真左)とLooop(代表取締役中村創一郎写真右)による調印の様子

Looopが販売を予定する「Windleaf2500」は、日本のFIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)において小型風力発電区分に納まるギリギリの規模=出力19.9kWとなっている。FIT買取価格が、他の電源に比べて高めに設定(2017年度55円/1kWh)されているクラスでもあるだけに、新タイプの製品には多方面から関心が寄せられている。

Windleaf2500製品概要(予定)

・最大耐風速77m/s
・ブレード数3
・高さ約30m(ブレード含む全高)
・タワー油圧式可倒タワー
・定格出力19.9kW
・定格風速11m/s

Looopでは、日本の小型風力において「プロペラ型は頭打ち」になってくると考えており、ダリウス型の普及に本腰を入れていく構え。同時に、「Chava Wind社との資本業務提携を皮切りに、様々な環境に風力発電設備を導入し、太陽光発電設備に続くものとして再生可能エネルギーの最大普及を目指していく」としている。


取材・文/廣町公則

< 12

関連記事

2018/02/07 | 編集部からのお知らせ

サステナブルな経営で株式上場を目指す

2018/03/16 | 編集部からのお知らせ

Looop、電力ピークシフトと自家消費に新提案!

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  2. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
  9. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ