編集部からのお知らせ

黒潮がエネルギー?世界初の海流発電の実証試験完了

海流発電とは、海水の流れで羽や水車を回転させ、そのエネルギーを電気エネルギーに変換する発電方法である。現在はまだ馴染みのない発電方法だが、世界で初めて実用に向けた実証試験が日本で行われた。

新たなエネルギー源として
海流発電システムが実用化へ

2017年8月25日、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)と株式会社IHIが完成させた「水中浮遊式海流発電」の実証試験が完了した。実際に海流を利用した100kW規模の海流発電においては世界初となるこの実証試験は、海流発電の実用化に向けた大きな一歩となった。

実証化へ確かな手ごたえ

実証試験は7月25日からの1週間で、野間岬(鹿児島県南さつま市)沖の甑(こしき)海峡において、船舶で「かいりゅう」を曳航することで黒潮に模した水流を発生させて海中での挙動の確認を行う曳航試験が行われた。この試験では、定格流速1.5m/秒で100kWの発電出力を確認した。

 


提供:株式会社IHI

さらに、8月12日からは鹿児島県十島村口之島沖の黒潮海域での実証試験を実施。水深約100mの黒潮海域で「かいりゅう」の設置・撤去工事の施工・検証を行った。発電においては実際の黒潮の流れの中で実証試験がされており、水深約30~50mに浮遊させた「かいりゅう」を自律制御システムによって姿勢や深度を制御しながら、最大30kWの発電出力を確認。発電性能や浮体の安定性の検証等の試験を完了した。

IHIは今回の実証試験で「かいりゅう」が想定通りの性能を発揮することが確認でき、海流特性や設置工事などの精査を含めたデータを、今後の実用化に向けて取得したと発表した。

123>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【募集終了】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  2. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  3. 蓄電池市場は拡大を継続すると見られ、2040年には8兆円超え⁉
  4. 健全化に向けてFIT/FIPのルール強化! 再エネ特措法の改正ポイントは?
  5. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  6. 【電力取引の多様化】一本化で拡大する電力先物の現在地とこれから
  7. 【東京都】2025年の太陽光発電設備設置義務化に向け、「首都圏初」となる設置事例...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ