編集部からのお知らせ

発電効率60%以上アップ! 独自の工夫が活きる追尾式架台とは?

独自設計したユニークな追尾式架台を特徴とする、トッパーサン・ジャパン。あらゆる工夫を凝らした架台で、60%以上も発電効率がアップしたデータもある。CEOの陳氏が語る、同社が目指す先とは。

広範囲の可動域で
高発電効率を実現

ITの買取価格は下がっていますが、当社の追尾式架台システムは今年、30%は売上を増やせるでしょう。日本では6年間で100件以上のプロジェクトを手掛けました。50kW以下の小さなものが多いですが、1MWの案件もありました。

当社の追尾システムはユニークで、独自に設計した多方位十字軸で可動域は40~90度、全方位360度に旋回可能です。常に正面から太陽光を捉えて集光率を高めます。さらに、架台の高さは3.6メートルあります。通常の追尾式架台は1.5メートルほどですので、それよりは少なくとも20%は発電効率が高い。また地面を有効活用するために、白色のプラスチックシートや砂を敷いたり、特別なコンクリートを使ったりすれば、全体で50%は発電効率が上がります。

つい先日、群馬県の赤城山でのプロジェクトが完成しました。ここは降雪量が多い地域ですが、5分ごとに自動で角度が40度に傾いて積雪を下に落とします。そのため、データを見ると、他の追尾式より60%以上も発電効率がアップしていました。今年は、長い付き合いのあるモジュールメーカーのロンジソーラーと組んで、9月にはアメリカでプロジェクトを進めるなど世界中で動いていきます。


株式会社トッパーサン・ジャパン
CEO

陳進輝氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
  3. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  5. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 【2024年太陽光ビジネス】再エネは「長期安定電源」になる! 事業環境の整備に必須のリパワリング...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ