編集部からのお知らせ

中国の有力モジュールメーカーが語る! 日本市場でのミッションとは

太陽光モジュールメーカーとして、世界でもトップクラスの生産量を誇るライセンエネルギー。2017年5月には日本法人も設立し、市場への本格参入を進めているが、同社が描くエネルギーの未来とは? CEOを務める王洪(フランク・ワン)氏にお話を伺った。

先進テクノロジーで
エネルギー構造を変えていく

私たちライセンエネルギーのミッションは、新しいテクノロジーでエネルギー構造を変えていくことです。

日本の太陽光発電市場は既に成熟していますが、私たちの技術は、マーケットのさらなる発展に大きく貢献するものと確信しています。まもなく中国に5GWのキャパシティをもつ新工場が稼働し、生産能力も拡大します。

現在、弊社ではハーフカットセルに力を注いでいますが、新工場ではマルチバスバーの生産も行います。それは、12本バスバーを採用した最先端のモジュールです。また、両面受光ダブルガラスモジュールの生産も予定しています。

良心的な価格とサービスに
こだわり続ける

日本市場では、他の国々以上に、高い品質が求められます。だからこそ、当社の魅力も実感していただけるのではないでしょうか。

弊社は、安定した財務基盤のもと、研究開発への投資を重視する一方、価格とサービスにも徹底的にこだわっています。昨年5月には、日本法人を設立し、今年度はいよいよ日本での活動を本格化してまいります。

太陽光発電はクリーンで持続可能な未来を拓くものです。私たちは単にモジュールを売るだけでなく、開発投資なども行い、日本のエネルギー問題解決に役立ちたいと考えています。ライセンエネルギーが皆様の良いパートナーになれれば幸いです。

プロフィール

ライセンエネルギー株式会社 CEO

王洪(フランク・ワン)氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【終了】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  5. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  6. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  7. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  8. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  9. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  10. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ